Champs Fall, Rookies Rise in Japan!

  • Print

あの高校選手権から、6年。

北山が《根絶/Extirpate》をかざした時、石川はすべてを悟り、会場はわれんばかりの拍手に包まれた。高校選手権準優勝で将来を有望視された少年が、長い長いトンネルを抜けた瞬間だった。

日本選手権に出場し続けて、6年。激戦区である関東予選を4年連続で突破するほどの実力を持ちながら、大舞台での結果を残すことができなかった。

でも、それでも、マジックをやり続けた。

そして、ついに彼の実力が認められる日が来た。日本王者という最高の形で。

高校選手権にかわって今年は、U-18チャンピオンシップが日本選手権と併催された。
もしかしたら、その中に、未来の日本王者がいるのかもしれない。




Quarterfinals   Semifinals   Finals   Champion
1 Shuu Komuro   Makoto Nagashima, 3-2        
8 Makoto Nagashima   Masaya Kitayama, 3-1
       
4 Yuuta Takahashi   Masaya Kitayama, 3-0   Masaya Kitayama, 3-1
5 Masaya Kitayama    
       
2 Ren Ishikawa   Ren Ishikawa, 3-2
7 Kazuya Mitamura   Ren Ishikawa, 3-0
       
3 Naoki Nakada   Takashi Akiyama, 3-1
6 Takashi Akiyama    


観戦記事 ベスト8最終順位

  • Blog - 5:35 p.m.: Photo Essay : 会場写真
    by Staff
  • Blog - 4:20 p.m.: Feature : 2007年度日本代表チーム
    by Daisuke Kawasaki
  • Blog - 3:39 p.m.: 決勝 : 北山 雅也(神奈川)vs. 石川 錬(神奈川)
    by Naoki Shimizu
  • Blog - 3:12 p.m.: 準決勝 : 北山 雅也(神奈川) vs. 長島 誠(山梨)
    by Naoki Kubouchi
  • Blog - 2:48 p.m.: 準決勝 : 秋山 貴志(千葉) vs. 石川 錬(神奈川)
    by Daisuke Kawasaki
  • Blog - 2:22 p.m.: 準々決勝の裁定に関する解説
    by Yoshiya Shindo
  • Blog - 1:40 p.m.: 準々決勝 : 小室 修(東京)vs. 長島 誠(山梨)
    by Naoaki Umesaki
  • Blog - 1:23 p.m.: 準々決勝 : 三田村 和弥(千葉) vs. 石川 錬(神奈川)
    by Naoki Kubouchi
  • Blog - 12:48 p.m.: 準々決勝 : 北山 雅也(神奈川) vs. 高橋 優太(東京)
    by Daisuke Kawasaki
  • Blog - 12:16 p.m.: 準々決勝 : 中田 直樹(愛知)vs. 秋山 貴志(千葉)
    by Naoki Shimizu
  • Blog - 11:21 a.m.: Standard Metagame Breakdown
    by Naoki Kubouchi
  • Blog - 11:03 a.m.: Deck Tech : 《突撃の地鳴り/Seismic Assault》
    by Daisuke Kawasaki
  • Feature: Legends of Five Japanese
    by Keita Mori
  • Blog - 8:55 p.m.: Top 8 Player Profiles
    by Staff
  • Blog - 8:34 p.m.: Decklists: The Top 8 Decks
    by Staff



  • Day 2 Blog Archive: Day 1 Undefeated Decklists, Feature Match Coverage, Draft Reports, and More!
    by Staff



  • Day 1 Blog Archive: Grinders Decklists, Feature Match Coverage, Draft Reports, and More!
    by Staff
  • Info: Fact Sheet
    by Event Coverage Staff
 1.  Masaya Kitayama $3,000
 2.  Ren Ishikawa $2,000
 3.  Takashi Akiyama $1,200
 4.  Makoto Nagashima $1,000
 5.  Shuu Komuro $750
 6.  Naoki Nakada $750
 7.  Yuuta Takahashi $750
 8.  Kazuya Mitamura $750
組合 結果 順位
最終
14
13
12
11
10
9
8
14
13
12
11
10
9
8
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
7
6
5
4
3
2
1
7
6
5
4
3
2
1
BLOG



 
  • Saturday, Sept 1: 8:34 p.m. - Decklists: The Top 8 Decks
    by Staff


  • Komuro Shu
    Blink / 2007 Japanese Nationals Top 8



    Nakada Naoki
    Goyf Rack / 2007 Japanese Nationals Top 8


    Takahashi Yuuta
    Pickles / 2007 Japanese Nationals Top 8


    Kitayama Masaya
    Goyf Rack / 2007 Japanese Nationals Top 8

    Main Deck

    60 cards

    Golgari Rot Farm
    Llanowar Wastes
    Overgrown Tomb
    Swamp
    Treetop Village
    Urborg, Tomb of Yawgmoth

    22 lands

    Augur of Skulls
    Dark Confidant
    Tarmogoyf

    12 creatures

    Call of the Herd
    Cry of Contrition
    Damnation
    Smallpox
    Stupor
    Terror
    The Rack

    26 other spells

    Sideboard
    Damnation
    Darkblast
    Extirpate
    Putrefy
    Riftsweeper
    Tombstalker

    15 sideboard cards








     
  • Saturday, Sept 1: 8:55 p.m. - Top 8 Player Profiles
    by Staff


  • ■高橋 優太/Yuuta Takahashi

    居住地、年齢、ご職業を教えてください。

    東京都 21歳 大学生

    これまでの主なマジックの戦績を教えてください。

    2006年PTロサンゼルスからは、だいたい参加(するだけ)。
    サンディエゴはバカヅキでした(準優勝)。

    この日本選手権の出場権は、何で獲得されましたか。

    PPクラブ

    この日本選手権での各形式での成績と、ドラフトは使用した色と採用した戦略(アーキタイプ)も教えてください。

    スタンダード 5-1-1
    リミテッド 5-2

    ドラフト1回目 青白 4-0 テンポもアドバンテージも全部ありました。
    ドラフト2回目 緑黒t赤 1-2 ゴミデッキでした。

    使用されているスタンダードのデッキと、そのデザイナーを教えてください。

    自作の青黒Pickles。 GP京都から使っています。

    この日本選手権に向けて練習した仲間、チーム、ショップなどを教えてください。

    池袋オーガに来る人達と。

    この日本選手権の予選ラウンドでもっとも印象的だった出来事を教えてください。

    ライフ1から逆転したゲームが3回もあった。

    ■小室 修/Shu Komuro

    居住地、年齢、ご職業を教えてください。

    小室 修 東京都 25歳 プロプレイヤー

    これまでの主なマジックの戦績を教えてください。

    PT名古屋優勝 GP横浜優勝

    この日本選手権の出場権は、何で獲得されましたか。

    PPC2+

    この日本選手権での各形式での成績と、ドラフトは使用した色と採用した戦略(アーキタイプ)も教えてください。

    3-0 4-0 2-1 1-0-3

    使用されているスタンダードのデッキと、そのデザイナーを教えてください。

    青白緑ブリンク 南アフリカ6位参考

    この日本選手権に向けて練習した仲間、チーム、ショップなどを教えてください。

    ドラフト MO4回
    スタンダード 1時間

    栗原(伸豪)さんたちとメッセ調整。
    サイドボードはひまんちゅう(野中 健太郎)に教えてもらった。

    この日本選手権の予選ラウンドでもっとも印象的だった出来事を教えてください。

    《炎異種/Torchling》をフルタップで出して、そこへ飛んできた《心霊破/Psionic Blast》を《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》からのRed Manaマナではね返して華麗に勝利。

    ■三田村 和弥/Kazuya Mitamura

    居住地、年齢、ご職業を教えてください。

    千葉 27歳 学生

    これまでの主なマジックの戦績を教えてください。

    PT Top 8 が2回

    この日本選手権の出場権は、何で獲得されましたか。

    PPC

    この日本選手権での各形式での成績と、ドラフトは使用した色と採用した戦略(アーキタイプ)も教えてください。

    2-1 3-1(白黒) 2-1(白黒) 3-0-1

    使用されているスタンダードのデッキと、そのデザイナーを教えてください。

    ソーラーフレア 自分

    この日本選手権に向けて練習した仲間、チーム、ショップなどを教えてください。

    千葉コミュニティと練習 ショップ(G-Remix)

    この日本選手権の予選ラウンドでもっとも印象的だった出来事を教えてください。

    コムロの独走

    ■北山 雅也/Masaya Kitayama

    居住地、年齢、ご職業を教えてください。

    神奈川 22歳

    これまでの主なマジックの戦績を教えてください。

    高校選手権準優勝

    この日本選手権の出場権は、何で獲得されましたか

    PPC

    この日本選手権での各形式での成績と、ドラフトは使用した色と採用した戦略(アーキタイプ)も教えてください。

    3-0 4-0(白黒タッチ赤) 2-1(赤黒) 1-2-1

    使用されているスタンダードのデッキと、そのデザイナーを教えてください。

    GB GoyfRack

    この日本選手権に向けて練習した仲間、チーム、ショップなどを教えてください。

    Magic Onlineと浅連の人々

    この日本選手権の予選ラウンドでもっとも印象的だった出来事を教えてください。

    コムロの独走

    ■長島 誠/Makoto Nagashima

    居住地、年齢、ご職業を教えてください。

    山梨県 22歳 会社員

    これまでの主なマジックの戦績を教えてください。

    PTベニス PT横浜2007出場

    この日本選手権の出場権は、何で獲得されましたか。

    DCIレーティング

    この日本選手権での各形式での成績と、ドラフトは使用した色と採用した戦略(アーキタイプ)も教えてください。

    スタンダード 5-1-1
    リミテッド 5-2

    使用されているスタンダードのデッキと、そのデザイナーを教えてください。

    Project X ユン・スハン

    この日本選手権に向けて練習した仲間、チーム、ショップなどを教えてください。

    ユンと電話のみ。あと、MOでリミテッド。

    この日本選手権の予選ラウンドでもっとも印象的だった出来事を教えてください。

    ボブが宇宙すぎた(土地引きすぎて負け)

    ■秋山 貴志/Takashi Akiyama

    居住地、年齢、ご職業を教えてください。

    千葉 21歳 カリスマ美容師

    これまでの主なマジックの戦績を教えてください。

    GP横浜Top8

    この日本選手権の出場権は、何で獲得されましたか。

    千葉予選

    この日本選手権での各形式での成績と、ドラフトは使用した色と採用した戦略(アーキタイプ)も教えてください。

    RB:4-0 RB:2-1 ペペペストー!

    使用されているスタンダードのデッキと、そのデザイナーを教えてください。

    ソーラーフレア 自身

    この日本選手権に向けて練習した仲間、チーム、ショップなどを教えてください。

    千葉のみんな (ショップ)G-remix

    この日本選手権の予選ラウンドでもっとも印象的だった出来事を教えてください。

    リミテッドバカヅキ

    ■石川 錬/Ren Ishikawa

    お名前、居住地、年齢、ご職業を教えてください。

    神奈川県 22歳 大学生

    これまでの主なマジックの戦績を教えてください。

    GP横浜Best8 GP京都Best8 LoM2位

    この日本選手権の出場権は、何で獲得されましたか。

    PPC Lv.2

    この日本選手権での各形式での成績と、ドラフトは使用した色と採用した戦略(アーキタイプ)も教えてください。

    初日スタン 2-1 ドラフト 4-0
    二日目ドラフト 2-1 スタン 2-0-2

    使用されているスタンダードのデッキと、そのデザイナーを教えてください。

    Storm Deck 森 勝洋

    この日本選手権に向けて練習した仲間、チーム、ショップなどを教えてください。

    道場 リョウタ(チェリー) IR四天王

    この日本選手権の予選ラウンドでもっとも印象的だった出来事を教えてください。

    コムロさんの慈悲のID

    ■中田 直樹/Naoki Nakada

    居住地、年齢、ご職業を教えてください。

    愛知県名古屋市 17歳 学生

    これまでの主なマジックの戦績を教えてください。

    東海予選通過

    この日本選手権の出場権は、何で獲得されましたか。

    同上

    この日本選手権での各形式での成績と、ドラフトは使用した色と採用した戦略(アーキタイプ)も教えてください。

    ドラフト 初日 2-2(赤青) 二日目 3-0(赤緑)
    スタン 初日 3-0 二日目 2-0-2

    使用されているスタンダードのデッキと、そのデザイナーを教えてください。

    GoyfRack 自分

    この日本選手権に向けて練習した仲間、チーム、ショップなどを教えてください。

    愛知県のショップのマジックプレイヤーのみなさん

    この日本選手権の予選ラウンドでもっとも印象的だった出来事を教えてください

    初めて使ったデッキですが、とてもよく動いてくれました。



     
  • Sunday, Sept 2: 11:03 a.m. - Deck Tech : 《突撃の地鳴り/Seismic Assault》
    by Daisuke Kawasaki


  • 熱戦の繰り広げられた日本選手権のスタンダードラウンド。

    日本選手権のメタゲームは、予選シーズンを経て完全に煮詰まった状態でスタートするのが、通年の例だ。カードセットが出揃った状態で大規模なトーナメントが何度も行われるのだ。それによってメタゲームが固まらないほうがおかしい。

    しかし、今年の日本選手権は話が違う。予選シーズンは第9版環境で行われたが、本戦は基本セットの入れ替わりをはさんだ第10版環境で行われたのだ。

    ウルザトロンの脱落をはじめ、大きくセットの内容が入れ替わって、環境が激変しないはずがない。

    今年の日本選手権は話が違う。はずなのだが。

    たしかに、トロン系のデックは完全に姿をけし、一方で抑圧されていた、いわゆる《印鑑》系デック、具体的にはソーラーフレアやトリコロールが台頭しそれを中心としたメタゲームが繰り広げられるという変化はあった。

    それに伴って、様々なデックタイプが出揃いバラエティ豊かな環境になった。

    しかし、デックテック的な視点で見れば、それらのデックは第9版時代のデックタイプから第10版への移行に伴ってカードを入れ替えただけ、とも言える内容でもある。

    では、第10版で新たに採録されたカードを中核に据えたデックはないのだろうか?そう考えながらリストを調べると、あるカードに注目した二つのデックリストに目がとまった。

    そのカードとは《突撃の地鳴り》。

    昨年度世界王者である三原 槙仁(千葉)が、GP北九州に持ち込み、その年のエクステンデッドシーズンを席巻したデックとなったCAL。《突撃の地鳴り》は、《壌土からの生命》との組み合わせで、このデックのメインエンジンとなっていたカードである。

    現スタンダードでは、ラヴニカブロックが現役であるため、《壌土からの生命》とセットで使用できる。たしかに、サイクリングランドがない為、CALのように《壌土からの生命》をドローエンジンとして使用したコンボデックとしては構築できない。しかしエンジン自体のポテンシャルは十分に高い以上、ユニット的に何らかのデックに組み込むことはできないのだろうか?

    そんな命題に、ふたりのデックビルダーが立ち向かったのである。

    ■高橋 純也(東京)の場合

    Dredge Assault Loam // Takahashi Jun'ya
    2007 Japanese Nationals / Standard deck


    高橋 「結局、この環境は最高の攻撃力を求めるか、最高の防御力を求めるかなんですよ」

    と語るのは、「ラッシュ」こと高橋 純也(東京)。デックビルダーとして、また、最近ではプレイング理論や草の根トーナメントでのカバレッジといった文筆活動で、「シミックの王子」清水 直樹(神奈川)と並ぶ、新世代を代表するプレイヤーのひとりだ。

    GP京都での《ズアーの運命支配/Zur's Weirding》《炎まといの天使/Firemane Angel》とハイブリッドした発掘デックは、あの他人のデックを使いたがらないことで有名な浅原 晃(神奈川)をして「今回ばかりはラッシュのデッキを使うべきだったかもしれない」と言わしめるほどの完成度であった。

    その後、発掘をメインエンジンとしたナルコブリッジも未来予知発売直後の早い段階から研究を進めており、関東近縁では「発掘の権威」として知られるほどだった。

    そんな高橋が今回新しく「発掘」してきたデックテックが、《突撃の地鳴り》と《壌土からの生命》のエンジンなのである。

    高橋 「別に、発掘デッキにこだわったわけじゃないんです。今回は先に《突撃の地鳴り》のエンジンがあったんです」

    -それはなぜですか?

    高橋 「現環境での最強の攻撃力を持ったエンジンだと判断したからですね。《突撃の地鳴り》と《壌土からの生命》は5マナあれば、2ターンで20点を削りきれるんですよ。」

    《突撃の地鳴り》に目をつけた高橋が、最初に構築したのは、赤緑白のビートダウン+《突撃の地鳴り》、エクステンデッドでいう所のアグロローム系のデックだったという。

    高橋 「当然、《突撃の地鳴り》さえだせれば最強の攻撃力を発揮してくれるんです。でも、その《突撃の地鳴り》にアクセスする手段が不足していたのと、《突撃の地鳴り》以外の勝ち手段が弱くて、全体的なデッキパワーとしては低いものだったんですよね」

    そこで、高橋は、まず《突撃の地鳴り》へのアクセス手段として、これまた第10版での再録カードである《ゴブリンの知識/Goblin Lore》を採用することにした。

    高橋 「そうすると、このカード自体と相性のいいシステムとして発掘が浮上してきたんですよ。このカードによって、赤緑での発掘デッキの速度が実用レベルまで引き上がられたんです」

    《突撃の地鳴り》が手に入らなかった場合、もしくはサイドボード後の《真髄の針/Pithing Needle》などで、《突撃の地鳴り》が封じられてしまった場合のサブの勝ち手段を模索していた高橋にとって、この《ゴブリンの知識》の採用は一石二鳥だったという。

    高橋 「一点に尖った山があったり、その横に少し小さな山があるだけじゃ満足できなかったんです。対処できないほど尖った山が二つあるデッキ、それが理想だったんです」

    また、《迫害/Persecute》の退場、トロンによる爆発的な大量マナ獲得が不可能になったこと、これらの要因で大量手札破壊に対して、環境全体のマークが甘くなっているとも高橋は分析していた。

    高橋 「だから、《狂乱病のもつれ/Delirium Skeins》とどちらのエンジンも相性がよかったのは大きかったですね。このカードだけで勝てるマッチアップもありますから」

    デックの強い部分だけを把握しても、その理解度は50%にも満たないだろう。最後に、このデックの弱点についても語ってもらった。

    高橋 「普通の発掘デッキ同様、マナが揃わないうちに殴り負けるのと、手札を増やしたいが発掘もし続けなければならないという状況に追い込まれてしまうのが典型的な負けパターンですね。これには、サイドボードで対応しています。《根の壁/Wall of Roots》と《闇の腹心/Dark Confidant》ですね。ただ、《一瞬の瞬き/Momentary Blink》系のフレアだけは本当につらいですね。マナソースを土地だけに頼っているせいでパーマネントが少ないのに、そのパーマネント一つ一つが重いカードで構成されていますから」

    自身のデックの評価を「80点」といいつつも、相当の自信をもって望んだ今回の日本選手権。残念ながらドラフトでの成績が揮わなかったため大活躍とはいかなかったが、今後も注目されるようなデックを生み出し続けてもらいたい。

    ■浅原 晃(神奈川)の場合


    浅原 「単に結果だけを見たら、《大いなるガルガドン/Greater Gargadon》と《タルモゴイフ/Tarmogoyf》の他にもいくつかは上に来るんじゃない? でも、《殴打蔦の葛/Vinelasher Kudzu》は伸び盛りで、まだ失速の気配もない。今より情報が少なくても、多分《殴打蔦の葛》をその辺に置くんじゃないかな。《クウィリーオンのドライアド/Quirion Dryad》も良いような気がするけど、まだよくわからない部分があるね。もうちょっと長い間トップグループにいたら、また評価できるようになるんじゃないかなぁ」

    と、リッチー・ホーエンばりに語るのは「歴史と伝統の男」浅原 晃(神奈川)。

    浅原の今回のデック構築は、未来予知発売後の選手権予選シーズンにまでさかのぼる。

    浅原 「《タルモゴイフ》は強い。でも、緑の低コストであともう一種類強烈なアタッカーが必要なんです」

    藤田 憲一(東京)に渡すデックを用意するべく黒緑メガハンデス、いわゆるGoyfRackを調整中だったときの浅原の言葉である。

    いまでこそ「《樹上の村/Treetop Village》のおかげでこのデッキは完成形になった」と八十岡 翔太(神奈川)が評価するように、パズルの最後の1ピースを見つけ出し、結果として今大会でもTop8に2名を輩出し、海の向こうのドイツ選手権のTop8デックリストにも名を連ねるようになった。

    だが、当時のこのデックは、ダメージのほとんどを《タルモゴイフ》と《拷問台/The Rack》に頼り切っており、「リソースを回復されるまでに殴りきれるだけのパワーが足りなかった」のである。

    そこで浅原が目をつけたのが《殴打蔦の葛》だった。

    奇しくもちょうど《タルモゴイフ》を活用した白緑スレッショルドが時のらせん限定構築を席巻していたこの時期。浅原は、このクリーチャーを有効活用するべく《広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse》と《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》《秋の際/Edge of Autumn》と相性がよいこのクリーチャーを採用して、スレッショルドとGoyfRackのハイブリッドを試みたのである。

    浅原 「アラン・カマーへのリスペクトの気持ち? なかったわけないじゃないですか」

    歴史と伝統を愛する浅原は、ゼロックスシステム(デック内の土地比率を下げ、代わりに低マナコストのキャントリップを連打して手札の質を上げるシステム。アラン・カマーによって提唱された)を使用しないGrowの構築に夢中になったという。一時は、ワーフォタパばりに複数枚の《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》でバックアップして《黒き剣の継承者コーラシュ/Korlash, Heir to Blackblade》の投入も検討したとかしなかったとか。

    -で、《殴打蔦の葛》と《壌土からの生命》の相性から《突撃の地鳴り》へとたどりついたと。

    浅原 「シナジーを追求して構築するのがスタイルなんで、結果としてはそうなんですけど、《突撃の地鳴り》《壌土からの生命》のエンジン自体はもともと注目していたんですよね」

    -それは、どのような理由でですか?

    浅原 「理由?ないですね。おりてきた系です。」

    と、またよくわからない発言で煙に巻こうとする浅原だが、たまには食い下がって理由を問いただしてみた。

    浅原 「カードパワーが高いのはわかっているんです。でも、(CALがあったから)みんなその存在は知っているのに、実際にデッキを作ってる人がほとんどいなかったじゃないですか。だから、なんとか使ってみようと」

    デックビルダーになるための資質は「負けず嫌い」と「天邪鬼」であると常々語っている浅原。負けず嫌いで天邪鬼な浅原としては、なんとかこのエンジンを使いこなしてやろうと考えたのだという。

    そして、ちょうど当時調整していた「なんたるGrow」とのシナジーにたどり着き、ハイブリッドしたのだという。

    肝心の成績のほうは…

    浅原 「…山頂に陣をはってしまった感じです」

    どうやら、思わしくはなかったようだ。



     
  • Sunday, Sept 2: 11:21 a.m. - Standard Metagame Breakdown
    by Naoki Kubouchi


  • 今年の日本選手権の決勝ラウンドには、6種類のデッキアーキタイプが存在します。まずは、地区予選からの推移を振り返っていきたいと思います。

    第9版環境だった地区予選前半では、長らく環境を支配していた「ウルザトロン」、そして対抗馬に「ソーラーフレア」、昨年の世界選手権を制した「ドラゴンストーム」などが、メタの中心に位置していました。

    未来予知発売後には、強力な発掘エンジンを搭載した「ナルコ=ブリッジ」が登場。そして、それらの強力なデッキたちに対抗するべく、発売当初あまりその力が認識されていなかった、環境最強生物と謳われる《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を中心としたビートダウンデッキが台頭し始め、メタ環境は混迷を極めてきました。

    ■グルール・ビート 29人(主な使用者:斎藤 友晴、藤田 剛史、藤田 修、廣澤 遊太

    第10版で「赤」が大幅に強化されたこともあり、時のらせんブロック構築でも活躍した《大いなるガルガドン/Greater Gargadon》《モグの戦争司令官/Mogg War Marshal》を中心とした赤単の流れを汲んだこのデッキが、2007年度日本選手権の最大勢力となりました。

    また、同じ流れを汲む、U.S.選手権で大きな勢力だったラクドス・ビートは使用者6人と、日本人との好みの違いが見えてきます。

    しかし、この最大勢力だったはずのグルール・ビート、今回の決勝ラウンドには残ることができなかったのは何故でしょう?

    Fujita Tsuyoshi
    2007 Japanese Nationals / Standard deck


    ■トリコロール 14人(主な使用者:中村 修平、渡辺 雄也、八朔 人平

    藤田 剛史が「今のスタンダードは平たすぎる。メタられたら勝てんわ」と、Day2のラウンドの合間にこう語っていたように、下馬評通りのグルール・ビートに続く勢力であったトリコロールもまた、決勝ラウンドに進むことができませんでした。

    今回の日本選手権でのトリコロールは、多くの使用者が《神の怒り/Wrath of God》をサイドに移し、《糾弾/Condemn》や《溶鉄の災難/Molten Disaster》といったカードを投入しているのが特徴的です。

    オープン予選では11人中4人もの通過者を輩出したこのアーキタイプもメタに飲み込まれた形となったようです。

    ■ゴイフ=ラック 15人(主な使用者:北山 雅也、中田 直樹、塩津 龍馬、野瀬 恒二

    《拷問台/The Rack》《惑乱の死霊/Hypnotic Specter》《Hymn to Tourach》といった強力な手札破壊があった古えの時代のアーキタイプが、再び現在へタイムシフトしてきた形になりました。

    強さの質は全く違ったものではありますが、当時のプレイヤーが味わった絶望感は現在のゴイフ=ラックにも確実に受け継がれています。

    ■発掘 15人(主な使用者:小倉 陵、高橋 純也、中野 圭貴

    メタが一周して、再び浮上してきた発掘系デッキ。従来の青を中心としたナルコ=ブリッジだけでなく、発掘好きで知られる高橋 純也が《ゴブリンの知識/Goblin Lore》と《突撃の地鳴り/Seismic Assault》+《壌土からの生命/Life from the Loam》エンジンを組み込んだオリジナルデッキを持ち込んできています。

    ■ブリンク 14人(主な使用者:小室 修、有田 隆一、片山 英典

    日本選手権のスタンダードラウンドを無敗で駆け抜けた小室 修が使用したのがこのデッキ。《一瞬の瞬き/Momentary Blink》は緑青白、青白赤、青白黒と様々な使われ方がされており、今回の日本選手権では緑タイプが10人、赤タイプが4人、黒タイプは0人となっています。

    ■プロジェクトX 14人(主な使用者:長島 誠、三原 槙仁、彌永 淳也、尹 壽漢

    第10版に再録された《モグの狂信者/Mogg Fanatic》やメタの移り変わりによって、以前までの《サッフィー・エリクスドッター/Saffi Eriksdotter》+《墓所の勇者/Crypt Champion》による無限コンボを狙いにいくタイプから、《円盤の大魔術師/Magus of the Disk》《オルゾフの司教/Orzhov Pontiff》《オルゾヴァの幽霊議員/Ghost Council of Orzhova》など《召喚の調べ/Chord of Calling》から状況にあったクリーチャーを呼び出す形に変わっているようです。

    また今回新たに注目され始めた、《無残な収穫/Grim Harvest》が様々なデッキに投入されており。

    ■ソーラーフレア 10人(主な使用者:三田村 和弥、秋山 貴志
    ■青黒コントロール系 10人(主な使用者:高橋 優太、東 太陽

    根強い人気を誇るコントロール系デッキ。《否定の契約/Pact of Negation》が入ったことで、比較的大きなアクションを起こすことが可能となっています。今回もそれぞれ、ソーラーフレアから2人、青黒ピクルスから1人が決勝ラウンドへ駒を進めています。

    ■ストーム 9人(主な使用者:石川 錬、津村 健志、森田 雅彦

    昨年度チャンピオンの森 勝洋が今回、日本選手権に出場する仲間のために三日三晩寝ずにオンラインで調製していたという話が噂されるこのデッキ。さすがと言いますか、実際に決勝ラウンドにも勝ち進んでいます。

    今回の日本選手権では彼を見ることはできませんが、マジックに対する情熱を受け継いだこのデッキが決勝ラウンドに姿を現すこととなりました。

    また、石田 格が持ち込んだ長岡 崇之制作の赤単ストームも大変興味深いので是非とも手に取ってもらいたいデッキの一つです。

    Ishida Itaru
    2007 Japanese Nationals / Standard deck


    ■セレズニア・ビート系 9人
    ■ボロス・ビート 5人
    ■緑単ビート 3人
    ■黒単ビート 2人

    最後に、その他にも注目しておきたいデッキとして、平林 和哉制作の白青黒《砂の殉教者/Martyr of Sands》+《再誕の宣言/Proclamation of Rebirth》ライフゲインエンジンを搭載したコントロールデッキを紹介しておきます。




     
  • Sunday, Sept 2: 12:16 p.m. - 準々決勝 : 中田 直樹(愛知)vs. 秋山 貴志(千葉)
    by Naoki Shimizu


  • Dark Confidant
    影の主役

    未来予知のブースターを開封するとしたら、誰もが《タルモゴイフ/Tarmogoyf》の姿を見たいと考えるだろう。その《タルモゴイフ》の力を最大限に発揮せんとするのが、中田 直樹(愛知)の使用デッキ、ゴイフラックである。赤緑デッキの《タルモゴイフ》が火力の援護などによって巨大化させて相手を圧倒しようと試みるのに対し、ゴイフラックの場合は《悔恨の泣き声/Cry of Contrition)》《呆然/Stupor》などの手札破壊によって、相手の対処手段を制限しつつ《タルモゴイフ》を巨大化させる。まさに一石二鳥。これがシナジー、と言わんばかりだ。

    今大会では初日全勝からトップ8を決めた北山 雅也(神奈川)も同タイプのデッキを使用しており、活躍が目立っている。
     
    去年の日本選手権、メタの中心として君臨したデッキがある。秋山 貴志(千葉)の操るデッキ、ソーラーフレアである。神河ブロックがスタンダード落ちしてもなお形を変えてはメタの中に居残り続けたソーラーフレアは、特に千葉において調整がすすんでおり、千葉は「ソーラーフレア王国」と呼ばれるほどになっている。彼はその千葉の中で、同じくソーラーフレアを使用しトップ8に残った三田村 和弥(千葉)とともに、代表的なソーラーフレア使いと目されている。

    果たして中田のゴイフラックは秋山の手札をどこまで食い尽くすことが出来るか。秋山はその猛攻にどこまで耐えることが出来るか。その鍵を握っているのは、実は《闇の腹心/Dark Confidant》である。

    Game1

    先手は秋山。オープニングハンドは《酷評/Castigate》と《永劫の年代史家/Aeon Chronicler》のほかは土地が5枚というもの。これをキープする。あまり良い手札であるとは言えないが、ゴイフラックに対しては手札の「質」よりも「量」が優先される。ゴイフラックの手札破壊は、《困窮/Distress》のような「選んで捨てる」ものではなく、あくまで対戦相手の手札の枚数を減らすことを目的としているものであるためだ。

    一方中田はオープニングハンドを見るとすぐにこれをキープする。
    互いに《神無き祭殿/Godless Shrine》と《樹上の村/Treetop Village》のタップインでゲームが始まると、秋山は2ターン目に《酷評)》をお見舞いして中田のお株を奪う。公開された手札に冒頭で挙げた《闇の腹心》の姿は無いが、《悔恨の泣き声)》《髑髏の占い師/Augur of Skulls》が揃っており、すぐにも秋山の手札が空にされてしまってもおかしくない様相である。
    秋山は《髑髏の占い師》を選択し、ターンを返す。

    そして中田はライブラリの上から《闇の腹心)》を送り出す。
    これには秋山も「そんな気してたんだよな」と苦笑い。

    何故《闇の腹心》がこれほどキーになるのか。

    その理由は簡単である。例えば1枚ずつ手札を捨てさせる呪文をプレイしても、対戦相手が何もしなければ手札は減らない。2枚ずつ手札を捨てさせれば手札を減らすことはできるが、秋山のデッキには《強迫的な研究/Compulsive Research》《永劫の年代史家/Aeon Chronicler》という手札を増やすカードが搭載されているのだ。つまり、対戦相手よりも多くカードを引かなければ、対戦相手の手札を破壊し尽くすことは通常不可能なのだ。

    手札破壊に備え、秋山は引き込んだ《強迫的な研究》で手札の枚数を増やす。一方で《闇の腹心》が、今中田に《悔恨の泣き声》などの手札破壊呪文を供給していく。
    《悔恨の泣き声》が間もなくプレイされ、秋山の手札が攻められ始めるが、中田のマナベースが《樹上の村》2枚、《草むした墓/Overgrown Tomb》が1枚というものであるため、手札の破壊はこれだけにとどまる。

    秋山の《ディミーアの印鑑/Dimir Signet》を経由した追加の《強迫的な研究》の返し、次の手札破壊は《呆然》。ここで秋山の手札から《骸骨の吸血鬼/Skeletal Vampire》が抜かれる。このマッチアップにおいてゴイフラックが最も対処手段に困るカードであり、秋山は苦しそうな表情を浮かべる。

    そして黒マナ不足に喘いでいた中田のセットランドは《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》。一気に《樹上の村/Treetop Village(10E)》から黒マナが出せるようになり、中田がペースを握り始める。

    このままでは手札が無くなってしまう秋山、手札に土地がギルドランドしかないため2点のライフを支払って《永劫の年代史家/Aeon Chronicler》をX=2で待機するか、X=1で待機するか悩んだ末、X=1で待機して土地を置かないままターンを返す。手札にあると分かっている《タルモゴイフ》と、場にある《樹上の村》が秋山に対しプレッシャーとなる。

    中田は返しのターン、《闇の腹心》から追加で《闇の腹心》を得ながら《タルモゴイフ》を召喚、(この時点で4/5)さらに《悔恨の泣き声》で手札を攻撃する。
    秋山は更に《永劫の年代史家》を待機するが、《タルモゴイフ》のサイズは、《永劫の年代史家》を凌ぐ。

    なんとかこの《永劫の年代史家》でタルモゴイフをチャンプブロックして延命し、せめて《滅び/Damnation》を引くことに賭ける秋山だったが、秋山にこの状況を打開するカードはもたらされない。そしてその秋山をあざ笑うかのように《闇の腹心》が《殺戮の契約/Slaughter Pact》を公開、ブロッカーの《永劫の年代史家》をあっさりと退け中田は一気呵成の攻撃へ。

    秋山は《滅び/Damnation》をトップデッキすることに成功するが、それを撃ってしまうと《悔恨の泣き声》の効果で2枚の手札を犠牲しなければならない。だがこのままでは負けてしまうため、仕方なく《滅び》をプレイし、秋山に残された手札は《絶望の天使/Angel of Despair》のみ。

    返しのターン、中田は2枚目の《タルモゴイフ》を送り込む。これを秋山は《絶望の天使》で葬り、逆転に賭ける。だが《闇の腹心》によって中田の手札は膨れ上がっている。
    中田は3枚目の《タルモゴイフ》と《髑髏の占い師》を召喚し、更に《髑髏の占い師》による手札破壊で墓地になかったアーティファクト(《ディミーアの印鑑》)を落とし、とうとう5/6となった《タルモゴイフ》の進撃は《絶望の天使》をもってしても止めることはできなかった。

    「見せ付けられた」と秋山。

    「《闇の腹心》トップと《呆然》で《骸骨の吸血鬼》抜かれたのがきつすぎた」と話す。 
    対する中田はあくまで沈黙を守っている。

    中田 1-0 秋山

    Game 2

    中田 直樹

    ところで、このゴイフラックに対しては仮に負けたとしても「負け先」をとるのが良いとは必ずしも言えない。つまり後手をあえて選択することによって、手札破壊の効果を軽減しようとする作戦が有力なのだ。

    秋山の先手後手の判断は結局「先手」。理由は簡単で、《闇の腹心》を後手ですぐに対処できるカード、例えば《最後の喘ぎ》を採用していないからである。先手であれば、2ターン目の《闇の腹心》を《屈辱》で対処できる。どこまでも鍵は《闇の腹心》、なのだ。

    両者のサイドボードは以下のようになった。

    秋山 
    Out 
    3《酷評/Castigate》 
    3《否定の契約/Pact of Negation
    1《ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer
    1《ファイレクシアのトーテム像/Phyrexian Totem

    In  
    3《屈辱/Mortify》 
    3《信仰の足枷/Faith's Fetters
    1《無残な収穫/Grim Harvest
    1《永劫の年代史家/Aeon Chronicler

    中田 
    Out 
    3《貪欲なるネズミ/Ravenous Rats
    3《葬送の魔除け/Funeral Charm
    2《殺戮の契約/Slaughter Pact

    In  
    2《ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer
    3《化膿/Putrefy
    1《根絶/Extirpate
    2《墓忍び/Tombstalker

    今度は土地2枚に《屈辱/Mortify》を含むスペルが5枚という初手。土地事故の不安があり、やはり良いものではないが、手札の枚数を減らすわけにはいかない秋山はこれをキープ。
    《トレイリア西部/Tolaria West》と《樹上の村/Treetop Village》のタップインでゲームが始まると、中田は2ターン目にきっちりと《闇の腹心/Dark Confidant》を場に送り出す。

    対する秋山、土地を引くことに成功して《屈辱/Mortifyで《闇の腹心》を除去する。もう1体《闇の腹心》がいると秋山にとってはかなり辛い展開になるのだが、次のターンは《髑髏の占い師》。

    秋山は印鑑を経由した《宮廷の軽騎兵/Court Hussar》で順調にマナと手札を整え、《髑髏の占い師》の手札破壊に対しても動じない。続く中田のさらなる《髑髏の占い師》に対し、今度は《骸骨の吸血鬼/Skeletal Vampire》をお見舞いする。

    これを対処するカードを持ち合わせていない中田は《獣群の呼び声/Call of the Herd(TSB)》でなんとか対抗する。秋山はこのまま《骸骨の吸血鬼》をキープし続ければ勝てるといった感じだ。

    ライフに余裕がある秋山は《骸骨の吸血鬼》をトークン2体とともにレッドゾーンに送り込み、更に《宮廷の軽騎兵》を配備する。

    《骸骨の吸血鬼》が倒せない。《化膿/Putrefy》があれば楽に倒せるけど…という中田は《タルモゴイフ/Tarmogoyf》で《骸骨の吸血鬼/Skeletal Vampire》の攻撃を牽制する。

    Skeletal Vampire
    ビートダウンキラー

    大きすぎる《タルモゴイフ》を前に攻撃を思いとどまらざるを得ない秋山、とりあえず困ったときは《強迫的な研究》ということでこれをキャスト、さらに引いてきた《強迫的な研究》を連打。

    このまま長引けば勝てると踏んだか秋山、トークン1体だけを攻撃させ5/6に膨れ上がった《タルモゴイフ》を迎え撃つ。

    中田は2体の象トークンと《タルモゴイフ》で攻撃し、戦闘の結果コウモリトークン1体、《宮廷の軽騎兵》と象トークンの交換になる。《獣群の呼び声》のフラッシュバックでその損失を補う中田。だが手札破壊がほとんど進んでおらず、中田が明らかに劣勢だ。

    返すターン《宮廷の軽騎兵》で《屈辱》を得た秋山はこれで《タルモゴイフ》を除去。《無残な収穫/Grim Harvest》を背景に秋山は再びブロッカーに《骸骨の吸血鬼》を残しターンを返す。

    中田の必死の攻撃に対し《骸骨の吸血鬼》は再生用のトークンを無くし、《骸骨の吸血鬼》は墓地へ。その後設置された《拷問台/The Rack》を秋山は《無残な収穫》から拾った《絶望の天使/Angel of Despair》で叩き割る。

    一度劣勢になった中田だが、《宮廷の軽騎兵》を《殺戮の契約/Slaughter Pact》して《無残な収穫》をリムーブ、さらに《絶望の天使》も《小悪疫/Smallpox》で除去、さらに《骸骨の吸血鬼》を《根絶/Extirpate》と秋山の攻め手を断ちにかかる。《拷問台》も再設置し、手札を攻めることが出来れば中田逆転か、と思わせる展開に。

    しかしその抵抗を秋山の3枚の《永劫の年代史家/Aeon Chronicler(PLC)》が打ち砕いたのだった。

    中田 1-1 秋山

    Game 3

    中田の先攻、1回のマリガンを経るも2ターン目《闇の腹心》の姿は無かった。代わりに召喚した《髑髏の占い師》は《信仰の足枷/Faith's Fetters》され、《呆然》による攻めも秋山は《強迫的な研究》で回復する。《獣群の呼び声/Call of the Herd》《悔恨の泣き声/Cry of Contrition》と順にプレイされた後設置されるのは今の環境の《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》との呼び声もある《ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer》。通常こうしたマッチアップではキーカードにはなりにくいため秋山は「想定外のサイドボード」と漏らす。対処手段を求めた《宮廷の軽騎兵》によって《糾弾/Condemn》を獲得する。攻めるしかない中田は《樹上の村/Treetop Village》も攻撃させるものの、先ほど秋山が手に入れた《糾弾》が象トークンへ。《ロクソドンの戦槌》を無効化する。中田は《獣群の呼び声》をフラッシュバックするのみ。

    Loxodon Warhammer
    環境の鍵となる一枚

    返すターン、6マナに到達した秋山は《骸骨の吸血鬼》を召喚するが、今度はこれに即《化膿》。残ったトークンと《宮廷の軽騎兵》でもう1体の象トークンを受け止め、今度は《永劫の年代史家/Aeon Chronicler》をX=2で待機。《樹上の村》用の《幽霊街/Ghost Quarter》も立てて、完全に秋山はコントロールを握った様相。

    「ふぅー」と一息秋山がもらす。

    《永劫の年代史家/Aeon Chronicler》の待機が明けると、場はソーラーフレアの独壇場、《骸骨の吸血鬼/Skeletal Vampire》も追加されてまさに怪獣軍団。中田の最後の抵抗《タルモゴイフ/Tarmogoyf》さえも《信仰の足枷》で静められた。

    中田 1-2 秋山

    秋山、ニューヨークへ、王手。

    Game 4

    そして中田は痛恨のダブルマリガン。しかしこのダブルマリガンが「負け」につながるとは必ずしもかぎらない。2ターン目に《闇の腹心》が出せること、これが最も中田にとって強い初手であり、その枚数は関係ないからだ。

    中田は5枚になった手札をすぐにキープすると勇躍《闇の腹心》を2ターン目に送り出す。
    しかし、対する秋山の初手は絶好だった。《屈辱/Mortify》あり、《アゾリウスの印鑑/Azorius Signet》あり、《アゾリウスの大法官庁/Azorius Chancery》による手札破壊対策あり、《滅び/Damnation》あり、というもの。完璧この上ない。

    せっかくの2ターン目の《闇の腹心》だったが、これはカードを1枚もたらすだけで《屈辱》に退けられ、中田の送り込む《獣群の呼び声/Call of the Herd》のトークン2体もまとめて《滅び/Damnation》が流し去る。

    秋山 貴志

    《髑髏の占い師/Augur of Skulls》から手札を攻めにかかろうとする中田だったが、それをも秋山は《永劫の年代史家/Aeon Chronicler》で無効化してしまう。《髑髏の占い師》を残すことを選んだ中田は《悔恨の泣き声/Cry of Contrition》とのあわせ技で手札を攻めようとするが、《髑髏の占い師/Augur of Skulls》自体が《信仰の足枷/Faith's Fetters》されてしまってはプラン崩壊。

    追い討ちとばかりに《強迫的な研究/Compulsive Research》の2連打が、《絶望の天使/Angel of Despair》の2連打を呼び込み、秋山のソーラーフレアが中田の築かんとした「闇」を打払った。

    《闇の腹心/Dark Confidant》を巡る戦い。見事にそれに勝った秋山が日本代表の切符を手にした。おめでとう、秋山 貴志!

    中田 1-3 秋山

    秋山貴志、準決勝進出!



     
  • Sunday, Sept 2: 12:48 p.m. - 準々決勝 : 北山 雅也(神奈川) vs. 高橋 優太(東京)
    by Daisuke Kawasaki


  • 高橋 優太

    高橋 「初めて組んだデッキ、青黒なんですよ。なんか、因縁めいてません?」

    マジックと出会ったころのきっかけをたずねると高橋 優太(東京)は、はにかみながらこう答えた。

    高橋 「初めて買ったパックがエグゾダスだったから…小学校6年生ですね。《奈落の王/Lord of the Pit》がかっこよくて。友達と色ごとにカード分けたり、すごい大量のライブラリーのデッキ組んじゃってたり…ありがちっていえばありがちなんですけどね」

    まわりの友人に誘われてマジックをしったという高橋。当時の誰もが、といってまとめてしまうのも乱暴だが、カジュアルプレイヤーとして、仲間うちでわいわいと楽しんでいたという。

    だが、中学校にあがり、環境が変わったことで、一度マジックから離れたという。

    高橋 「中学1年生の時はまったくやってませんでしたね、マジック」

    高橋がマジックから離れていたちょうどその時期に、神奈川でふたりの中学生が運命的な出会いをしていた。

    大澤 「14歳ぐらいのころですかね。古淵のカメレオンクラブで」

    大澤 拓也(神奈川)は北山 雅也(神奈川)との出会いのきっかけをこう語る。

    この数年間、関東のマジックシーンを牽引してきた神奈川のプレイヤーを中心としたチーム、「浅原連合」。いまや、少なくともマジックのチームとしては、名前のみの形骸化した存在となったアサレンだが、しかし、このチームで培ってきたものが彼らに地力を与え、それが今の躍進につながっているという事だけは間違いないし、周知の事実であるだろう。

    だが、その「浅原連合」の始まりが、古淵のカメレオンクラブでの大澤と北山の、そして浅原 晃(神奈川)との出会いに由来するということは意外と知られていない。

    北山 「やっぱ、カメレオンクラブで浅原さんとであった事ですね。今ももちろん強いけど、あのころの浅原さんは、本当に信じられないくらい強かった。」

    自身のマジックキャリアのターニングポイントは?という質問に対して、北山はこう答える。大澤もまた、ほとんど同じ事を語っていた。

    彼らと、その多くの仲間たちは、同じプレイヤーに憧れ、慕い、師事してトーナメントマジックの世界に入りこんでいった。

    今度は高橋が遅れること1年。中学2年生になった高橋は、再びマジックと出会うことになる。

    高橋 「中学2年生の時に、学年全体ですごいマジックが流行って、そこから本格的にはじめたんですよ。それからは、ずっと、もうトーナメントプレイヤーですね」

    Game 1

    GoyfRackを使用する北山に対して、1:9も大げさではないというほど相性の悪い青黒Piklesを使用する高橋。

    だが、昨日のフィーチャリングマッチでは、高橋が勝利をおさめている。

    北山は3枚の土地に《闇の腹心/Dark Confidant》を擁する手札をキープ。

    一方の高橋はマリガン。

    マリガン後にセット《砂漠/Desert》。

    北山が2ターン目に《闇の腹心/Dark Confidant》をキャストし、自身が土地を引かなかったことで、高橋はゲームに投了した。

    北山 1-0 高橋

    高橋は、ここで気分を入れかえるために、飲み物を買いにいく許可を取る。

    昨日のフィーチャリングマッチでも高橋はGame 1を落としている。高橋が、ゲーム開始前に語っていたことが思い出される。

    高橋 「昨日の夜、ヤマケン(GPサンディエゴでのチームメイトの山本)と50戦やったんですけど、4戦しか勝てませんでしたね…でもおかげで勝ちパターンと、昨日のフィーチャリングで勝てた理由がわかりましたよ。」

    -差し支えなければ教えていただけますか?

    高橋は、まわりを見回して、北山の姿がないことを確認すると、こう答えた。

    高橋 「後手をとることと、相手のサイドボードです。」

    Game 2

    北山 雅也

    後手を選択する高橋。

    《樹上の村/Treetop Village》タップインから、2ターン目に《髑髏の占い師/Augur of Skulls》キャストし、即サクリファイスする北山。そして、3ターン目に《呆然/Stupor》。土地3枚に《呪文嵌め/Spell Snare》《ヴェズーヴァの多相の戦士/Vesuvan Shapeshifter》という高橋の手札から、ダイスロールで引き抜かれたのは《ヴェズーヴァの多相の戦士》。

    続くターンにも《呆然/Stupor》を打ち込みさらに《悔恨の泣き声/Cry of Contrition》で完全に高橋の手札をズタズタにしたところで、《闇の腹心/Dark Confidant》をキャストする北山。

    -サイドボードですか?

    高橋 「昨日は、《獣群の呼び声/Call of the Herd》を全部抜いて、《根絶/Extirpate》を入れていたんです。トップ合戦になればこっちが有利ですし、《根絶》は基本的にはせっかく稼いだアドバンテージを失うだけですからね」

    北山がキャストしたスペルは、《獣群の呼び声》。フラッシュバックで2体目の象トークンがあらわれたところで、《滅び/Damnation》をトップから引き込んだ高橋だったが、北山の手には、さらに1枚の《獣群の呼び声》が握られていたのだった。

    北山 2-0 高橋

    高桑・八十岡をはじめ、仲間たちの輪はどんどんと広がっていった。そして、仲間たちはどんどんと結果を残し始める。

    そう、仲間たちは。浅原にはFinalsと世界選手権トップ4という肩書きが、大澤にはPTプラハ王者とPTジュネーブファイナリストという肩書きが並んだが、北山の名前の前に、いまだ6年前の高校選手権準優勝以外の文字列が並ぶことはなかった。

    だが、今、北山は日本代表への権利へとあと1勝のところまでたどり着いたのだ。4年連続で予選を抜けて参加し続けた日本選手権。6年目にしてついに。

    手の震えが止まらない北山。北山にとっては初めてといってもいい大舞台なのだ。

    一方で、おととし上京してきてから、PTQに参加しはじめ、プロツアーにも参加し始めることになったという高橋。やはり、東京に出てきてから本格的なトーナメントマジックをはじめたということは否定しない。そして、先日のPTサンディエゴ。すでにブレイクを果たしている高橋は、落ち着いた様子でどっしりと構えている。この場で挑戦者なのは、北山の方なのだ。

    Game 3

    なおも後手を貫く高橋。

    1ターン目に《拷問台/The Rack》。2ターン目には《ゴルガリの腐敗農場/Golgari Rot Farm》セットして3ターン目には《獣群の呼び声》と、一見順調に進行しているように見える北山だが、続く土地をセットできない。

    だが、土地が詰まってしまったのは高橋も同じで、1ターン遅れて《ディミーアの水路/Dimir Aqueduct》を引くまで、1ターンの間ができてしまう。この間に北山がキャストした《髑髏の占い師/Augur of Skulls》は《呪文嵌め》で退けるものの、《悔恨の泣き声/Cry of Contrition》二連打と《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を前に、高橋は必死に打開策を模索する。

    コツコツとためた《戦慄艦の浅瀬/Dreadship Reef》のカウンターをすべて使い果たし、青マナをひとつのこしての《塩水の精霊/Brine Elemental》。

    手札には《ヴェズーヴァの多相の戦士/Vesuvan Shapeshifter》と《呪文嵌め/Spell Snare》。

    飛んでくる除去が、《恐怖/Terror》だったら、《小悪疫/Smallpox》だったらケアできる。そうすれば逆転ができる。

    北山が《塩水の精霊》を対象にキャストしたスペルは…《化膿/Putrefy》。

    北山 3-0 高橋

    ゲームが終わり、緊張感から開放されたのか、猛烈な勢いで話し始める、北山。
    そんな北山の話を聞き続けている、八十岡 翔太(神奈川)。会話に高橋が混ざり始める。

    高橋 「やっていくうちに、ヤマケンがどんどんうまくなっていって。で、正しいサイドボード発見して、これやられたら絶対勝てないっていう結論になったんですよね。やっぱ、昨夜はみんなで相当テストプレイやったんですか?」

    北山は、少し、申し訳なさそうに首を振る。

    八十岡 「でも、知ってること、わかることは昨日の夜全部北山くんに教え込んだから。みんなで」

    それを聞いて、高橋は、全てを理解したという表情をみせた。北山には、日本のトップを牽引する仲間たちが、ずっと一緒にやってきた仲間たちがいるのだ。

    北山 「しかし後手とってくるとはおもわんかった」

    高橋 「やっぱり後手とるのは間違いじゃないですよね」

    高橋が、今、ともに日本の次世代を担おうと切磋琢磨する仲間たちと生み出したストラテジー。理由も全て説明して、高橋は八十岡にその戦略が正しかったのか否かを確認する。

    八十岡 「それしかないよね」

    それを聞くと、高橋は満足げにうなづいた。

    高橋 「負けたら、もう、どうしようもないほど悔しいかと思ったんですけど…不思議とすっきりした気分なんですよね。やれることすべてやりきったから、ですかね。」



     
  • Sunday, Sept 2: 1:23 p.m. - 準々決勝 : 三田村 和弥(千葉) vs. 石川 錬(神奈川)
    by Naoki Kubouchi


  • 三田村 和弥

    三田村 和弥(千葉)。

    今回の日本選手権の決勝ラウンドに残ったメンバーの中で、プロツアー・サンデー経験者は3人。

    その3人のうちの1人である三田村は、2005年のプロツアー・チャールストンでチーム「D-25」の一員としてBest4に入り、今年の時のらせんブロック構築のプロツアー・横浜では、青黒ピクルスを見事に操って準優勝を果たしています。

    今回、彼が携えてきたデッキはソーラーフレア。

    日本選手権の10版環境のスタンダードデッキを選択するにあたって、10種類以上ものアーキタイプを試したという三田村。Best8プロフィールの紙には、何のひねりもないソーラーフレアと書いてあったが、ひねる必要がなかったと判断した上での言葉と筆者は感じました。

    三田村 「でも、そのデッキだけは作ってなかったんだよね」

    三田村がそう言っている目の前に座る男は、先日のスタンダード構築戦のグランプリ・京都でも見事Best8入りを果たした石川 錬(神奈川)。

    昨年度チャンピオンの森 勝洋(東京)が「マジ強いデッキを思いついてしまった」ということで制作されたストームデッキを駆るプレイヤーたちの最後の一人として、この日本選手権の決勝ラウンドへと駒を進めてきています。

    今回、Best8プロフィールにも書かれている通り、石川はかなり体を絞ってきています。心なしか以前の石川と比べて、オーラというか、雰囲気のようなものが備わってきているようにも思えます。

    世界選手権へ向けて、日本代表として、あと一つ、あと一つでその扉が開かれるところまでやってきた両者。この戦いに勝利するのは、果たしてどちらなのでしょうか?

    Game 1

    ダイスロールの結果、先手は三田村に。後手の石川は初手を確認した後、三田村をしっかりと見据え、しっかりとした口調でマリガンを宣言します。

    ゲーム序盤、第4ターン目までは淡々と土地を並べあう二人。

    3ターン目に《強迫的な研究/Compulsive Research》で手札を補強していた三田村は、ここで《酷評/Castigate》をプレイ。

    これに対して、石川は何もせずに手札をオープンします。

    《蒸気孔/Steam Vents》《危険な研究/Perilous Research》《炎の儀式/Rite of Flame》《撤廃/Repeal》《差し戻し/Remand》×2の中から、三田村は《危険な研究》をリムーブ。

    続くターンに三田村は少し考えた後、再び2枚目となる《酷評》をプレイ。石川、今度はこれを《差し戻し》。このキャントリップで、コンボ要素の片割れ《紅蓮術士の刈り痕/Pyromancer's Swath》を手にすることになります。

    そして、第6ターン目。

    コンボの危険性は薄いだろうと判断した三田村は、ノータイムで《骸骨の吸血鬼/Skeletal Vampire》をプレイグラウンドに送り込み、続く7ターン目にも《永劫の年代史家/Aeon Chronicler》を待機=1と、石川にタイムリミットを突き付けます。

    《撤廃/Repeal》をコウモリ・トークンに打ち、2枚の《石灰の池/Calciform Pools》に黙々とカウンターを乗せて、タイムリミットギリギリまでコンボの可能性に賭ける石川。8ターン目、三田村の待機が明けた《永劫の年代史家》と《骸骨の吸血鬼》とのアタックで、石川のライフは16から6になります。

    手札が6枚で返ってきた石川のターン。ここでストームを決めることができるか?

    貯まりに貯まった《石灰の池》×2から合計9マナを調達し、《蒸気孔》《シヴの浅瀬》とある状態から《炎の儀式》をキャスト。

    三田村はこれに《差し戻し》。

    石川は《シヴの浅瀬/》から赤マナを出して手札に戻された《炎の儀式/Rite of Flame》>三田村、再び2枚目となる《差し戻し》>石川の手札から《差し戻し》。

    そして、この壮絶なカウンター合戦を制したのは三田村の《否定の契約/Pact of Negation》だったのでした。

    三田村 1-0 石川

    三田村のサイドボーディング

    out:
    2《信仰の足枷/Faith's Fetters
    2《無残な収穫/Grim Harvest
    2《骸骨の吸血鬼/Skeletal Vampire
    in:
    1《永劫の年代史家/Aeon Chronicler
    1《否定の契約/Pact of Negation
    1《滅び/Damnation
    3《屈辱/Mortify

    石川のサイドボーディング

    out:
    1《撤廃/Repeal
    3《巣穴からの総出/Empty the Warrens
    in:
    2《宮廷の軽騎兵/Court Hussar
    1《否定の契約/Pact of Negation
    1《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir

    Game 2

    石川 錬

    三田村 「そっちの引き次第だね」

    対戦前のシャッフル中、こう語っていましたが、完璧にGameを支配してみせた三田村。その勢いでこのまま説き伏せることができるでしょうか。

    先行の石川は《蒸気孔/Steam Vents》《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》《孵化計画/Hatching Plans》&《ギックスのかぎ爪/Claws of Gix》と好スタート。

    対する三田村は2枚目の《孵化計画》を《差し戻し》で時間を稼ぎつつ、《ディミーアの印鑑》でマナを1つ伸ばした4ターン目に、このマッチアップでのソーラーフレア側にとってキーとなる《永劫の年代史家》を待機し、クロックの準備に取り掛かります。

    石川はストームを大爆発させるべく、ここまでの2枚の《孵化計画》で、土地と《睡蓮の花》×2を準備。更には3枚目となる《孵化計画》をセットし、今度は三田村側に見えないタイムリミット、いわば導火線に火がついたことになります。

    更に待機から明ける《永劫の年代史家》へ《差し戻し》を打たれ、ここで三田村はストームに対応するべく方向転換。《宮廷の軽騎兵》をプレイし、対応策を探していくことになります。

    第7ターン目、三田村の《強迫的な研究》で引いた3枚は《土地》と《印鑑》のみと苦しい展開。4マナが残った状態で《アゾリウスの印鑑》をキャスト、これにスタックして石川がサイドインした《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir》をプレイ。

    これには三田村は残った3マナで《屈辱/Mortify》を打つしかなくなる状況となって、返す石川のターンに《紅蓮術士の刈り痕/Pyromancer's Swath》>2枚目の《ギックスのかぎ爪》>3枚目の《ギックスのかぎ爪》>《撤廃》>戻した《ギックスのかぎ爪》>《ぶどう弾/Grapeshot》×2と見事な花火が上がるのでした。

    三田村 1-1 石川

    石川のサイドボーディング

    out:
    1《危険な研究/Perilous Research
    in:
    1《論理の結び目/Logic Knot

    Game 3

    三田村の初手は《滅び/Damnation》《神の怒り/Wrath of God》《絶望の天使/Angel of Despair》《宮廷の軽騎兵/Court Hussar》《印鑑》と《土地》が2枚。《宮廷の軽騎兵》からなんとか繋げていきたいところ。

    しかし、《宮廷の軽騎兵》や《強迫的な研究》から供給されるのは《滅び》や《屈辱》などの除去ばかり。

    石川は2枚目の《睡蓮の花/Lotus Bloom》が待機明けしたところで、《炎の儀式/Rite of Flame》>《紅蓮術士の刈り痕/Pyromancer's Swath》(三田村はこれを《否定の契約/Pact of Negation》)>2枚目の《紅蓮術士の刈り痕》>3枚目の《紅蓮術士の刈り痕》>《ぶどう弾》と手札を使い切り、しっかり三田村の手札にあった《屈辱》にも対処できる、鮮やかなコンボを決めました。

    三田村 1-2 石川

    石川のサイドボーディング

    out:
    1《論理の結び目/Logic Knot
    in:
    1《撤廃/Repeal

    Game 4

    後が無くなった三田村。

    Game2と同じく、《印鑑》でマナを1つ伸ばし、3ターン目《強迫的な研究》、4ターン目《永劫の年代史家》待機へと繋げていきます。

    そして、今回は無事場に降り立つことができた8/8《永劫の年代史家》のアタックで石川のライフは12となり、続けて2枚目の《永劫の年代史家》を待機させての全力投球。

    これを受けて、石川が動きます。

    《炎の儀式》から《紅蓮術士の刈り痕》をキャスト。三田村の顔をじっと見据える石川。

    そして、その手札から繰り出される、改心の《否定の契約/Pact of Negation》。

    その後、三田村のダメ押しの《酷評》でオープンされた石川の手札には《ぶどう弾》が3枚。

    三田村 2-2 石川

    Game 5

    熱戦は最終の第5ゲームまでもつれこんだ

    これを勝った方が、日本代表の座を射止めることになる、大事な大事なGame5。

    先行の石川の初手は《紅蓮術士の刈り痕》《ぶどう弾》《ギックスのかぎ爪》《差し戻し》×2と《土地》が2枚、と、隙あらば、すぐにコンボが決まりそうな気配。

    後手の三田村の初手はというと、《否定の契約》《絶望の天使》《屈辱》残りが《印鑑》&《土地》。こちらもコンボに対応できる手札が入ってきました。

    三田村の3ターン目の《印鑑》(2枚目)から《強迫的な研究》プレイに対して、1枚目の《差し戻し》。続く4ターン目の《宮廷の軽騎兵》に対しては、石川は動かず、三田村は《宮廷の軽騎兵/Court Hussar》の効果で《幽霊街/Ghost Quarter》を手札へ。

    第5ターン目、石川は《孵化計画/Hatching Plans》&《ギックスのかぎ爪》を配置し、コンボに向けて着々と準備を進めます。

    いまだ、クロックを用意できない三田村。石川の土地が4枚ということもあり、ここでフルタップでの《絶望の天使/Angel of Despair》キャスト。石川、ここで2枚目の《差し戻し》でかわす。

    石川は《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》を《ギックスのかぎ爪/Claws of Gix》の効果で墓地に送り、色マナを揃えにかかります。

    次のターンにコンボが来るのでは、と気配を察知した三田村は《強迫的な研究》をプレイ。

    ここで《差し戻し》がどうしても欲しい。

    その願いが通じたのか、《アゾリウスの印鑑》《神聖なる泉》《差し戻し》と見事引き当てます。

    そして、ターンエンドを宣言。石川が《石灰の池》に3個目のカウンターを乗せたところで、コンボを決めさせまいと、三田村《幽霊街/Ghost Quarter》を起動させます。

    この効果で《石灰の池》は破壊されてしまいましたが、山札からアンタップ状態で出てきた《島/Island》からの1マナで《孵化計画/Hatching Plans》を《ギックスのかぎ爪/Claws of Gix》に捧げて3ドロー。

    石川は三田村のライフが20なのを確認します。ここでコンボを決めにいくのか?

    しかし、石川が起こしたアクションは《睡蓮の花/Lotus Bloom》を待機、《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》をタップイン、2枚目となる《孵化計画/Hatching Plans》キャストと、意外な結果に。

    ここは好機と見た三田村は、虎の子の《否定の契約/Pact of Negation》をプレイ。手札に抱えている《絶望の天使/Angel of Despair》に全てを賭けます。

    その2ターン後。三田村の《絶望の天使》のプレイに対し、1つ前のターンに設置してあった3枚目となる《孵化計画》からの3ドローから《差し戻し》で時間を稼ぎ、石川は《宮廷の軽騎兵》を場に送り出し、コンボ成立までの時計の針を進めます。

    そして、次のターンに三田村は《酷評/Castigate》を打ち込みます。

    石川がオープンされた手札には《撤廃》《ギックスのかぎ爪》《否定の契約》、《紅蓮術士の刈り痕》と《ぶどう弾》が共に2枚という秒読み前の手札。

    それでも、最後の詰めが足りないと感じたのか、石川と三田村はにらみ合いを続けます。

    ここで先に動いたのは三田村でした。《絶望の天使》を再び召喚し、対象に《睡蓮の花》を指定します。この《睡蓮の花》は《ギックスのかぎ爪》で生贄にし、石川はドローを進めるため、《撤廃》を自分の《宮廷の軽騎兵》へと打ちます。

    すると、このキャントリップで石川が引き当てたカードが、なんと《ザルファーの魔道士、テフェリー》!!

    三田村がマナを大量に使ったこのタイミングでの、これ以上ない絶好のドロー。

    この《ザルファーの魔道士、テフェリー》へは、《差し戻し》を打つしかない三田村でしたが、それは逆に十分な対抗手段が無いことを教えてしまうことなり、次のターン、既に判明している石川の手札から繰り出されるストームの嵐によって、勝負が決するのでした。

    三田村 2-3 石川

    石川 錬、準決勝進出!



     
  • Sunday, Sept 2: 1:40 p.m. - 準々決勝 : 小室 修(東京)vs. 長島 誠(山梨)
    by Naoaki Umesaki


  • 長島 誠

    準々決勝。今年から、この準々決勝というラウンドはプレイヤーにとって、より大きな意味合いを持つラウンドとなった。

    去年まで『世界選手権』に出場する日本代表チームの定員は3人であったが、今年から代表チームの定員が4人と変更になり、準々決勝の勝利=『世界選手権』での日本代表チーム入りとなったからだ。

    『世界選手権』で日本代表チームとして日の丸を背負うということはプレイヤーとして非常に名誉なことであるし、『世界選手権』への参加権利を獲得するということにもなる。
    今から始まる準々決勝はあくまで優勝を目指す上での通過点であるが、負けると勝つのでは天と地ほどの差がある勝負となった。

    ・長島 誠(山梨)
    山梨県在住の会社員である長島は、全国的にはまだ名前を知られていないが『プロツアーベニス』『プロツアー横浜』などへの参加経験を持つ。

    平日は近場に練習環境もなくマジックはできていないというが、ほぼ毎週末に山梨から東京に出てきて大会でマジックを楽しんでいるという熱心なプレイヤーだ。

    長島 「毎週のように東京に遠征して大会に出ているからか、自信はあるんですよ。カードに触れない平日は、友人と電話で情報や意見を交換したりもしていますし。休日しかマジックをできないハンデみたいなものは感じていません。世界選手権は、会社の休みが取れるかどうかはわかりませんが、取ってから考えます。まずは、権利取るためにがんばるのみです!」

    レーティング招待による出場で、スタンダードを5勝1敗1分・ドラフトを5勝2敗という結果でTop8進出を果たした。
    スタンダードのデッキは、友人であるユンスハン製作の『白緑黒プロジェクトX』。

    ・小室 修(東京)
    『グランプリ横浜』『プロツアー名古屋』優勝という、輝かしい戦績を持つプロプレイヤーである。
    プロポイント招待による出場で、スタンダードを5勝0敗3分け(ID)・ドラフトを6勝1敗という結果でTop8進出を果たした。

    スタンダードのデッキは、『南アフリカ選手権』で上位入賞を果たしたレシピを参考にしたという『青緑白《一瞬の瞬き/Momentary Blink》デッキ』。

    試合が始まる前に、長島が使用するデッキの製作者であるユン スハン(東京)・長島・小室に話を聞いてみた。

    筆者 「事前に対戦する両者のデッキリストが公開されていますが、戦前の予想ではどういった感じでしょうか?」 

    ユン 「昨日の夜に模擬戦をやってみた感じでは、メインボードでの対戦は6.5:3.5ぐらいで『プロジェクトX』側が有利だと思います」

    小室 「メインボード戦での相性はそんな感じでしょうね。具体的には、《闇の腹心/Dark Confidant》の存在が癌です。僕のデッキはメインボートで《闇の腹心/Dark Confidant》を対処できる手段を持っていないので、《闇の腹心》が場に出ると一方的にアドバンテージを稼がれるといった絶望的な展開となってしまうのです」

    ユン 「そうですね。逆に、『プロジェクトX』側が負けるパターンとして想定されるのは、うまくマナブーストできずに小室のバウンススペルが刺さる展開でしょう」

    筆者 「サイドボード後の試合はどうでしょうか?」

    ユン 「小室さんはサイドボードから《太陽の槍/Sunlance》や《神の怒り/Wrath of God》といったカードを投入してくるでしょうが、サイド後の相性も『プロジェクトX』側が6:4くらいで有利でしょう」

    小室 「毎回、都合よく《闇の腹心》をサイドインしたカードで除去れるとは限らないですしね」

    ユン 「それに、こっちがサイドインする《根絶/Extirpate》が非常に効果的なんですよね。小室さんのデッキの軸となっている《一瞬の瞬き/Momentary Blink》を抜くと、一気に楽になるでしょう」

    小室 「そっちには有利になる要素が多いんだけど、こっちにはあまり無いんだよね。正直なところ、厳しいですが頑張りたいと思います」 

    ユン「長島は全国的にはまだ無名ですが、毎週のように山梨から東京に出てくらいにマジックに熱心ですし、参加している大会では安定して優秀な成績を残している実力派なので頑張ってくれるでしょう熱戦を期待したいと思います」

    熱戦を期待したい。

    Game 1

    小室 修

    先攻の長島、《極楽鳥/Birds of Paradise》→《闇の腹心/Dark Confidant》→《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》という好調な立ち上がりをみせる。

    対する小室、2・3ターン目と連続して《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》を待機して中盤からの巻き返しとなる布石を作るが、戦前に予想していた《闇の腹心》を対処できずアドバンテージを稼がれるという負けパターンな展開になってしまい厳しい状況である。

    曇る小室の顔を尻目に、長島は《闇の腹心》により《オルゾフの御曹子、テイサ/Teysa, Orzhov Scion》《サッフィー・エリクスドッター/Saffi Eriksdotter》を手に入れ、《オルゾヴァの幽霊議員/Ghost Council of Orzhova》を戦線に追加。

    《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》の待機が明けてくるまで何とか凌ぎたい小室は、長島の《ロクソドンの教主》《オルゾヴァの幽霊議員》《闇の腹心》によるアタックに対応して《造物の学者、ヴェンセール》で《ロクソドンの教主》を戻し、《闇の腹心》をブロック。

    長島は、ダメージスタックを乗っけた後に《オルゾヴァの幽霊議員》の能力を《闇の腹心》を生け贄に捧げて使用。小室のライフは6と追い詰められる。

    しかし、ようやく《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》の待機が明け、ゲームの展開は小室の反撃タイムのへと突入する。《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》1号・2号によるアタックで長島のライフを削りながら、《一瞬の瞬き/Momentary Blink》で長島のアタッカーを捌いてみせる。

    現在、小室のライフは6、長島のライフは8。
    長島が序盤から使用している《地平線の梢/Horizon Canopy》や《闇の腹心》からのダメージがここにきて効いてきており、小室は微妙な殴り合いの勝負へと持ちこんだ。

    長島は臆することなく《闇の腹心》の2体目を展開するが、次のターンに能力で《召喚の調べ/Chord of Calling》と《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》がめくれてしまい、ライフは1。

    長島 「きちー」
    小室 「これは、なんとかなったかな…」

    小室、長島の《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》を《神秘の蛇/Mystic Snake》で弾き、微妙なダメージレースを制してみせた。

    小室 1-0 長島

    【小室】
    IN
    4《太陽の槍/Sunlance
    2《神の怒り/Wrath of God
    3《憤怒の天使アクローマ/Akroma, Angel of Fury
    1《ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer
    1《神秘の蛇/Mystic Snake

    OUT
    3《根の壁/Wall of Roots
    2《永劫の年代史家/Aeon Chronicler
    1《タルモゴイフ/Tarmogoyf
    3《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate
    2《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant

    【長島】
    IN
    3《殺戮の契約/Slaughter Pact
    1《収穫するものテネブ/Teneb, the Harvester
    1《根絶/Extirpate
    1《髑髏の占い師/Augur of Skulls

    OUT
    1《オルゾフの御曹子、テイサ/Teysa, Orzhov Scion
    1《墓所の勇者/Crypt Champion
    1《オルゾフの司教/Orzhov Pontiff
    1《深き闇のエルフ/Elves of Deep Shadow
    2《本質の管理人/Essence Warden

    Game 2

    先攻の長島、《極楽鳥》→《根の壁》+《闇の腹心》→《ロクソドンの教主》と展開し、またも良い序盤のスタートをみせる。

    更に、《闇の腹心》により《召喚の調べ》が公開され、小室は動くに動けない状況に。
    お互いに構えるような状況となり、数ターンの間《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》による4点ダメージだけでターンが進む…。

    この時点での小室の手札は、《差し戻し》《一瞬の瞬き》《神秘の蛇》《繁殖池》《秋の際》。
    小室は《秋の際/Edge of Autumn》サイクリングで打開策を探しに行くが、答えは見つからなかった。

    小室 1-1 長島

    【小室のサイドボーディング】
    IN
    3《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate
    1《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant

    OUT
    3《タルモゴイフ/Tarmogoyf
    1《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch

    長島はサイド変更無し。

    Game 3

    お互いにサイドボーディングを終え、対戦相手のデッキシャッフルも終了して、まさにゲームが開始されようとした時点で、カバレッジライターがハプニングに気がついた。

    小室がどんなサイドボーディングをしたのか確認しようとしたところ、小室のサイドボードが16枚あることに気がついたのだ。

    …ということは、現在小室のメインデッキは59枚。

    通常であれば、ゲーム開始時に対戦相手にライブラリーのシャッフルを求めた時点でライブラリーが不正であった場合はゲームロスの裁定が出るのだが、

    「お互いに初手の手札を見ておらず、ゲームはまだ始まっていないといえる。日本選手権の決勝トーナメントにおいてゲームをせずに決着がついてしまうのは宜しくないと判断するので、再びサイドボーディングからゲームをやり直し、小室は厳重警告とする」

    というヘッドジャッジ裁定により、サイドボーディングの段階から仕切りなおしとなった。

    先攻の小室、1マリガンの後、《島》《樹上の村》《神聖なる泉》《太陽の槍》《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》《ロクソドンの教主》という手札をキープ。

    1マリガンながら、小室は《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》待機→《闇の腹心》を《太陽の槍/Sunlance》で除去→《ロクソドンの教主》という良い展開をみせるが、長島のプレイした《根の壁》《髑髏の占い師/Augur of Skulls》で場が止まってしまう。

    しかも、この段階で小室の手札は2枚。もちろん、長島は《髑髏の占い師》の能力を起動。《島》と《寺院の庭》がおち、小室の手札は0となり厳しい状況に追い込まれる。
    しかし、長島は手札の状況が良くないらしく、アクションがない。

    やがて、待機を明けた《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》が2点クロックを刻み始めるが、長島がプレイするのは《極楽鳥/Birds of Paradise》や《根の壁/Wall of Roots》といったカードで、これといったアクションを何もおこせない。
    そして、小室は手札が無い状況では最高のトップデッキといえる《永劫の年代史家/Aeon Chronicler》を引き込み、これをX=3で待機。

    長島、《永劫の年代史家》は《殺戮の契約/Slaughter Pact》で除去することに成功するが、《召喚の調べ》は《神秘の蛇》でカウンターされて反撃の狼煙すらあげることができない。
    小室は最後のトドメと、変異状態で出して《一瞬の瞬き/Momentary Blink》による《憤怒の天使アクローマ/Akroma, Angel of Fury》プレイ!

    長島は、墓地に落ちた《一瞬の瞬き/Momentary Blink》を《根絶/Extirpate》するも、公開された小室の手札は《太陽の槍/Sunlance》2枚・《神の怒り/Wrath of God》2枚。

    長島のライフは、ずっと続いていた《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》により6。
    小室、場に出ている《極楽鳥/Birds of Paradise》を両方とも《太陽の槍/Sunlance》で焼いての、《憤怒の天使アクローマ》《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》アタックで勝負を決めてみせた。

    小室 2-1 長島

    Game 4

    長島は《根の壁》→《根の壁》とマナクリーチャーを展開し、小室の第4ターンにX=4の《召喚の調べ/Chord of Calling》と仕掛け、これを小室は《神秘の蛇/Mystic Snake》する立ち上がり。

    小室がフルタップとなっているこの隙に、長島は《髑髏の占い師/Augur of Skulls》を通し、さらに続くターンには《サッフィー・エリクスドッター》を戦線に追加だ。

    放置しておくと、《サッフィー・エリクスドッター》《髑髏の占い師》のコンボにより、合計4枚の手札破壊を受けてしまう小室は、《神の怒り/Wrath of God》で場を一掃しにかかるが、長島はおちついて《根の壁》2体から緑2マナを出し《サッフィー・エリクスドッター》で《髑髏の占い師》を救助。《神の怒り》解決後に、X=4での《召喚の調べ/Chord of Calling》と攻めに行く。これは小室に《差し戻し/Remand》されるが、《サッフィー・エリクスドッター》を戦線に追加と、先ほどのゲームとは違い攻め手が途切れない。

    しかし、ここで小室が仕掛ける。
    《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》をプレイし、《根の壁/Wall of Roots》をバウンス。

    これを解決した後、小室は《髑髏の占い師》に《太陽の槍》!

    長島 「やばいミスった! 《根の壁》でマナを出してないから再生できない(苦笑)」

    仕方がなく《サッフィー・エリクスドッター》の能力で《髑髏の占い師》を救助するも、小室はさらに2枚の《太陽の槍》でこれを除去。

    ミスにより流れを持っていかれそうな長島だが、《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》 をトップデッキ。なんとか場を持ち直すことに成功する。
    その返しで小室は《変異》をプレイ。おそらく、先ほどのゲームで見た《憤怒の天使アクローマ》であろう。

    長島は考えた後、《ロクソドンの教主》のアタックを選択。小室はこれを《樹上の村》と《変異》でブロックし、長島は《樹上の村》に4点を割り振りふる。
    解決前に小室は《変異》を対象に《一瞬の瞬き/Momentary Blink》するが、待ってましたと長島は《殺戮の契約/Slaughter Pact》で《変異》を除去。

    小室 「俺マジック下手だな…、このブロックはなかった…。」

    この戦闘によって平らとなった場に、長島は《本質の管理人》《ロクソドンの教主》《闇の腹心》と展開。小室は、《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》を2体続けて展開。

    残りライフが2と危険域であった小室は、この不利な場を《神の怒り/Wrath of God》で流しにかかるが、長島は対応してX=3の《召喚の調べ/Chord of Calling》。
    小室は最後の手札であった《神秘の蛇》でこれをカウンター。

    再び何も居ない平らになった場、小室の手札は0、長島の手札は2枚あるがこれまでの展開を考えると有効なカードでは無い。
    トップデッキ勝負が始まった

    長島が《オルゾフの御曹子、テイサ/Teysa, Orzhov Scion》をトップデッキすれば、小室も返しのターンでこれを止められる《根の壁》をトップデック!

    しかし、長島は続いて《召喚の調べ/Chord of Calling》をトップデッキし、X=4でプレイ。
    《オルゾヴァの幽霊議員/Ghost Council of Orzhova》が場に出たところで小室は投了した。

    小室 2-2 長島

    Game 5

    ヘッドジャッジ、進藤 欣也

    長島の《闇の腹心/Dark Confidant》を小室が2回《差し戻し/Remand》し、長島が《サッフィー・エリクスドッター》《闇の腹心》と展開したところで、小室は《神の怒り》。
    《サッフィー・エリクスドッター》の能力によって《闇の腹心》は救助され場に残るが、小室はこれを次のターンに《太陽の槍/Sunlance》で除去。

    場を一掃して脅威を取り除いた小室は、2マナを立てながら《変異》を展開と攻めにでる。
    長島も《闇の腹心》2体・《サッフィー・エリクスドッター》を展開するが、ターンエンドステップに小室は《変異》に対して《一瞬の瞬き/Momentary Blink》使用。
    《憤怒の天使アクローマ/Akroma, Angel of Fury》が正体を現し、殴り始める。

    返す長島のターン、《闇の腹心》2体により《ロクソドンの教主》と《地平線の梢》が公開され、長島のライフは1へと追い込まれる。対する小室のライフは14、まだ余裕がある状況だ。

    このままだと死んでしまう長島は《ロクソドンの教主》をプレイし(長島ライフ1→5)、《無残な収穫》で《極楽鳥》を回収して《地平線の梢》から《極楽鳥》を展開(長島ライフ5→1)してターンを返す。

    小室はブロッカーとして立っている《極楽鳥》をなんとかしたい。手札に《太陽の槍》はあるものの、打っても《サッフィー・エリクスドッター》により場に戻ってきてしまう状況だ。

    小室は有効な手段を求めて、《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》をコストに《秋の際/Edge of Autumn》をサイクリングする。
    《トロウケアの敷石》が場に落ちた時に誘発する能力でライブラリーをサーチして、《神聖なる泉/Hallowed Fountain》を場に出して、サイクリングのドロー。

    ここで引いたのは、またも《秋の際/Edge of Autumn》。
    小室は、これを《神聖なる泉》をコストにサイクリング。

    しかし、ここで小室は致命的なミスを犯してしまう。
    《トロウケアの敷石》をコストにしてサイクリングした訳でもないのに、ライブラリーを見て平地カードをサーチし始めてしまったのだ。

    ヘッドジャッジを含めた協議の結果、

    「小室は不正な行動により見れるはずの無いライブラリーを見てしまった訳だが、場の状況などが変化しているミスではなかった為、ライブラリーを再びシャッフルしなおしてゲームをリスタートとする。小室には2度目の厳重警告とし、次からはペナルティの格上げをする可能性があることを留意して、より慎重にプレイを進めるように」

    というヘッドジャッジの裁定が出る。

    Game3開始時の時にも、小室には『厳重な警告』が出ているが、先ほどと今回の件はペナルティの項目が違うため、今回の件についてペナルティの格上げなどは無い。

    ゲームは再開され、小室は《極楽鳥》に《太陽の槍/Sunlance》を打ち込む。これに対応して長島は《サッフィー・エリクスドッター》の能力で《極楽鳥》救助し、《極楽鳥》が場に戻ってくる。

    小室は小考の後、《憤怒の天使アクローマ》でアタックし、長島はこれを《極楽鳥》でブロック。

    《極楽鳥》が場に落ち、長島は《無残な収穫》を墓地からリムーブゾーンへと置く。これを見て小室はターンエンドを宣言するが、その時ギャラリーから「アクローマはトランプルがあるからゲーム終了だな」といった内容の発言がなされる。

    先ほどからカバレッジの内容に違和感を覚えていた方もいらっしゃると思うが、対戦者の2人は《憤怒の天使アクローマ/Akroma, Angel of Fury》はトランプルの能力を持っていないと思いこみ、今までゲームを進行してきたのである。

    ギャラリーのこの発言により、両者は《憤怒の天使アクローマ》がトランプルの能力を持っていることに気がつき、お互いに何を語るでもなく場を片付けるのだが…。

    確かに場の状況としては小室が優勢ではあった。しかし、もしギャラリーの発言がなく《憤怒の天使アクローマ》がトランプルの能力を持っていることに両者が気がつかなかったら?

    結果はどうあれ、試合は続いていたであろう。しかし、このゲームはギャラリーの発言という外部からのアクションにより、試合が決まってしまった。

    両者とも投了という明確な意思表示のアクションはなく、ほぼ同じタイミングで場に出ていたカードを片付けたことから、ジャッジによる協議となり、結果として小室にゲームロスの裁定が出る訳だが、そこに関してはヘッドジャッジによる説明がカバレッジのページに載るとのことなので、詳しくはそれを確認してもらいたい。

    小室 2-3 長島



     
  • Sunday, Sept 2: 2:22 p.m. - 準々決勝の裁定に関する解説
    by Yoshiya Shindo


  • 文中敬称略。

    日本選手権準々決勝、小室vs.長島の第5ゲームにおいて、小室に対し「ゲームの敗北」の裁定が出ています。以下にその状況と理由を説明いたします。

    このマッチ中、すでに小室に対しては、厳重注意を含む2回の警告が出ており、今後の警告内容によっては格上げの可能性がある由が本人に伝えられている状態でした。

    互いに2ゲームずつ勝利した第5ゲームの最終局面。長島の残りライフが4で、小室は《憤怒の天使アクローマ》で攻撃を行い、長島はこれを《極楽鳥》でブロックを行いました。

    時間はさかのぼりますが、このマッチの第3ゲームにおいて、小室は一度《憤怒の天使アクローマ》を場に出し、長島はそのカードがトランプルを持っているかを確認しましたが、これに対し小室は能力を勘違いし、トランプルを持っていないと説明しました(彼が本当にそう勘違いしていたのは、第3ゲームの最終局面のプレイングにより真実であると判断されています)。

    話がもどって第5ゲーム。長島はブロックした《極楽鳥》を自分の墓地に置き、彼の墓地にあった《無残な収穫》を墓地から除去、小室はそれを認識してターンの終了を宣言しました。

    ここで、《憤怒の天使アクローマ》がトランプルを持っているためゲームが終わったと認識した観客の一部が拍手をはじめ、観客の誰かが「トランプル!」と発言。双方のプレイヤーが改めてカードを見てそれに気づき、長島にそのダメージが与えられたものとして長島は投了し、両プレイヤーが場のカードを片付けました。

    ここに問題があります。本来であれば小室はプレイヤーへのダメージ割り振りを宣言しておらず、そのままゲームを進めた以上、ジャッジの許可を得ずに、プレイヤーへのダメージが与えられたものとして戦闘まで勝手に巻き戻すことは許されるべきではありません。彼がその事実に気づいたならば、彼はその時点で現場のジャッジに申告し(注:現在の決勝テーブルにはテーブル専任のテーブルジャッジはいません)、現在のゲームのシチュエーションの解決を仰ぐべきです。彼は行動の後に気づいたことに対し、意図的ではないにしてもゲームの巻き戻しを認識した上でそのままゲームを完了したとみなされました。

    今回の行動に対し、両プレイヤーに「ゲームルール上の誤り-ゲームルールに抵触」の違反により警告が与えられましたが、小室はすでに今回のマッチで厳重注意を含む複数の警告を受けていることを鑑み、これを格上げとしてゲームの敗北を適用しました。

    今回の教訓は二つあります。一つは、プレイヤーはどんな些細な内容であっても、問題があると思った時点でジャッジを呼ぶべきであること、もう一つは、観客はゲームが完全に完了するまで、一切の発言や態度の変化を慎むべきであることです。ごく些細なことであっても、それによりゲームが影響を受け、その結果不幸なプレイヤーが出ることもあるということを、今後皆さんは心に留めておいてほしいと思います。

    ――日本選手権ヘッドジャッジ 進藤 欣也(DCI認定レベル3)



     
  • Sunday, Sept 2: 2:48 p.m. - 準決勝 : 秋山 貴志(千葉) vs. 石川 錬(神奈川)
    by Daisuke Kawasaki


  • 秋山 貴志

    準々決勝で小室 修(東京)と長島 誠(山梨)のマッチが長引いたことにより、秋山 貴志(千葉)には、ほんの少しの猶予が与えられた。

    秋山の使用するデックは、ソーラーフレア。内容に変化はあるものの、基本的なアーキタイプとしては、三田村 和弥(千葉)と同じである。

    準決勝の対戦相手は、その三田村を破った石川 錬(神奈川)。使用するデックは、赤青のストーム。三田村は、試合を振り返ってこう語った。

    三田村 「昨日の夜、秋山と一緒に調整をしていたんです。秋山がもう少しうまければ…秋山と対戦していたのは僕でしたね…」

    そして、続けた。

    三田村 「でも、今度は秋山の調整相手をしたのが僕ですから。」

    調整の結果として、三田村は秋山に、あるゲームプランを授けた。そして、その結果、秋山と三田村がやった限りのマッチアップでは、秋山が7:3ぐらいで勝利できるプランを与えたという。

    秋山は、三田村の、そして千葉勢の期待を背負い、必勝を誓って準決勝の席に着く。

    Game 1

    先手は秋山。

    2ターン目に《印鑑》を置く秋山に対して、《睡蓮の花/Lotus Bloom》待機から《孵化計画/Hatching Plans》をキャストする石川。

    秋山は、《印鑑》を追加し《宮廷の軽騎兵/Court Hussar》を場に投入する。

    《ギックスのかぎ爪/Claws of Gix》セットから《孵化計画》をサクリファイスして、多大なアドバンテージを取りにいく石川。気にもせずに、加速させたマナで《永劫の年代史家/Aeon Chronicler》をX=1で待機させ更なるプレッシャーを用意する。石川の使用するデックの基本ターンは、意外なほどに遅い。

    三田村 「とにかく、場にクロックを用意してから、それから待たないと勝てない。」

    三田村が秋山に授けた策は、たったひとつ。短期決戦に持ち込むというプランだ。その為には多少の隙を作ってでも、場に脅威を展開していかなければならないのだ。

    三田村 「ゲームが長引いちゃったら…手札をはじから使われるだけで勝てないですから」

    石川は、《危険な研究/Perilous Research》で《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》をサクリファイスし、更なる手札の充実をはかる。

    待機のあけた《永劫の年代史家》が《差し戻し/Remand》され、秋山は長考に入る。次のターンには《睡蓮の花》が場に登場し、一気に石川の時計の針を進めるのだ。少考の後、《ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer》をキャスト。これにも《差し戻し》。ここで石川のマナがタップアウトとしたのをうけて、秋山は《酷評/Castigate》を石川へと。

    開示された手札は、《ぶどう弾/Grapeshot》3枚と《巣穴からの総出/Empty the Warrens》《撤廃/Repeal》が2枚ずつ。

    秋山 「なんじゃ、こりゃ」

    次のターンの石川の動きを入念にシミュレートしたうえで、秋山は《撤廃》をリムーブする。

    石川の選択肢は、待機のあけた《睡蓮の花》とあわせたストーム2の《巣穴からの総出》。場に4体のゴブリントークンが並ぶ。

    翌ターンには2枚目の《睡蓮の花》が場に登場してしまう。それまでに自身の有利な土壌へと引き込まなければならない秋山は、《永劫の年代史家》を再び待機。

    このターンの石川のドローが、《炎の儀式/Rite of Flame》。

    これによって、《睡蓮の花》の待機をまたずによくなった石川は、《撤廃》と《ギックスのかぎ爪》でストームを稼いだ《ぶどう弾》3連発と、ゴブリントークンのアタックでゲームを決めたのだった。

    石川 1-0 秋山

    Game 2

    またも2ターン目《孵化計画》スタートの石川。

    三田村 「結局、相手が序盤に十分な手札を常に用意できないっていう前提ではあるんですよね。だから、ブン周りしたときと、《孵化計画》を連打されてしまった時は勝てない。」
    2ターン目に《印鑑》を置いた秋山は、3ターン目に《酷評》。

    今度の手札は、《シヴの浅瀬/Shivan Reef》《ギックスのかぎ爪》《差し戻し》《危険な研究》《撤廃》《紅蓮術士の刈り痕/Pyromancer's Swath》。

    ここから、《差し戻し》をリムーブする秋山。

    そして、続くターンに《強迫的な研究》《危険な研究》とそれぞれがそれぞれなりの研究で手札を充実させる。ここで《孵化計画》を引き込んだ石川は、次なる研究への準備を計画し、一方の秋山も《宮廷の軽騎兵》から《強迫的な研究》へとつなげていく。

    石川が《宮廷の軽騎兵》を呼べば、更なる《宮廷の軽騎兵》を追加し、少しでもプレッシャーを与え続けたい秋山。《強迫的な研究》が《差し戻し》されても、タップアウトを恐れず手札の充実に励む。

    だが、ドローしたカードを見て、石川はこれが好機と動き出す。

    《炎の儀式》《撤廃》《ギックスのかぎ爪》でストームを稼いだ後に、《紅蓮術士の刈り痕》をキャストする石川。ここへは《否定の契約》を打ち込んだ秋山だったが、石川がなおも秋山のライフを確認したことで、このターンのドローを悟ったのだった。

    石川の手からは、2枚目の《紅蓮術士の刈り痕》。

    秋山 「うーん…思い通りのゲームプランにならない。」

    石川 2-0 秋山

    Game 3

    石川 錬

    それでも、秋山は愚直にゲームプランを目指し続ける。

    三田村の、そして観客の千葉勢のその期待が詰まったプランなのだ。

    マリガンからスタートの秋山。

    2ターン目に、本日3度目の《酷評》。

    《睡蓮の花》《ぶどう弾》×2《ギックスのかぎ爪》《トロウケアの敷石》《石灰の池》《紅蓮術士の刈り痕》という手札の石川から、《紅蓮術士の刈り痕》をリムーブ。

    秋山が《宮廷の軽騎兵/Court Hussar》をキャストした次のターンに、石川は《孵化計画》《ギックスのかぎ爪》キャストの後に《トロウケアの敷石》対消滅で色マナを整えるという派手なアクション。

    続くターンに石川が《孵化計画》で手札を増やしたのを確認したうえで、《酷評》。

    石川の手札は、《ぶどう弾》×2《炎の儀式》×2《撤廃》《トロウケアの敷石》。ここから《撤廃》をリムーブし、待機の開けた《睡蓮の花》は《差し戻し》。石川は、《孵化計画》を設置。

    秋山 「だめでしたね。《酷評》をうまくすり抜けて《孵化計画》置かれてしまうと、対処できないですよ」

    それでも、なおあきらめずに「プレッシャーをかけ続けるゲームプラン」を目指す秋山。フルタップでの《骸骨の吸血鬼/Skeletal Vampire》キャスト。置いたばかりの《孵化計画》で解決策を模索する石川だが、しかし、そこに《差し戻し》の姿はない。

    かわりに姿を見せたのは、2枚の《睡蓮の花》だった。これを2枚まとめて待機する石川。ここぞとばかりに、《宮廷の軽騎兵》を追加し、圧倒的なプレッシャーで望みどおりの短期決戦に持ち込む秋山。ダメージ量は、7点。石川のライフも、ついには7点にまで追い詰められる。《ギックスのかぎ爪》が場にあるため、即死はないが、しかし、もって1ターンだろう。

    石川は長考ののちに、次の1ターンに賭ける事にする。

    《ギックスのかぎ爪》そのものをサクリファイスして、ライフを1残して自身のターンを迎える石川。これまでカウンターをため続けた《石灰の池》は《幽霊街》で《島》にかわってしまうものの、待機のあける2枚とあわせた3枚の《睡蓮の花》で爆発的にマナもストームも膨れ上がるこのターンにかけるしかない。

    石川は慎重にパズルを組み立てる。

    まずは、《石灰の池》から2マナだして《危険な研究》。ここで《孵化計画》を手に入れる。

    《睡蓮の花》から赤マナをだして、《炎の儀式》を2連打。そして《ギックスのかぎ爪》《孵化計画》と場に追加し、ドローしたカードの中には《紅蓮術士の刈り痕》。

    これまで、石川のプレイをただ眺めていた秋山だが、この《紅蓮術士の刈り痕》にはさすがに反応を見せる。《差し戻し》を2連続でキャスト。

    だが、あふれる石川の手札とマナの前には対抗しきることができなかったのだった。

    秋山 「かみあってなかった…って言うのも違いますけどね…。もう、《差し戻し》じゃ間に合わなかったんです。」

    石川 3-0 秋山

    秋山 「悔しいですよ、そりゃ。でも、やるべきことをやりきったんで、もう仕方ないです。IR(石川)が僕より強かった、それだけです」

    秋山が、千葉勢に必勝を誓って席に着いたように、石川もまた、必勝を誓って席についていた。

    決勝を前に、石川は森 勝洋(東京)に報告の電話を。



     
  • Sunday, Sept 2: 3:12 p.m. - 準決勝 : 北山 雅也(神奈川) vs. 長島 誠(山梨)
    by Naoki Kubouchi


  • 北山 雅也

    栄えある日本代表チームの席を勝ち取ったのは北山 雅也(神奈川)と長島 誠(山梨)。

    この二人は共に22歳。彼らは中学生の頃からマジックを始め、日本人が海外で活躍する様子をしっかりと見つめてきた世代です。

    北山と長島は、長らく実力があるにもかかわらず、なかなか結果に結びつかないプレイヤーとして知られていました。しかし、ようやく、彼らはその才能を花開かせこの大舞台へとやってきました。

    ここまできてしまえば、あとは自分の実力を信じて戦うのみ。

    狙うは日本最強の座。

    Game 1

    先行は長島。

    お互い土地をセットしていき、北山は2ターン目に《ゴルガリの腐敗農場/Golgari Rot Farm》をセットし、8枚になった手札から《獣群の呼び声/Call of the Herd》をディスカードするところからゲームが始まります。

    続くターン、北山が《沼/Swamp》をセットして、緑マナを余らせての《小悪疫/Smallpox》。(長島のディスカードは《円盤の大魔術師/Magus of the Disk》)

    そして、北山は黄金パターンとなる《闇の腹心/Dark Confidant》を場に送り出し、対する長島は《オルゾフの御曹子、テイサ/Teysa, Orzhov Scion》を召喚と、ゆっくりとした立ち上がりとなります。

    長島の《オルゾフの御曹子、テイサ》、北山の《闇の腹心》でアタックをし続けて、先に追加の戦力を《タルモゴイフ/Tarmogoyf》投入します。(この時点で3/4)

    長島はいまだ動けず、《闇の腹心》のバックアップによって手札が充実していく北山。

    非常に対照的な2人の状況。

    北山のアップキープに《闇の腹心》の効果でめくれたのは《拷問台/The Rack》。北山のライフは14。ここは攻めにいくタイミングだと感じた北山は、2体目となる《闇の腹心》を追加します。

    これを受けて、長島はターンエンドに《召喚の調べ/Chord of Calling》X=3でプレイ。呼び出した《オルゾフの司教/Orzhov Pontiff》で《闇の腹心》×2を対処。続くターンには《本質の管理人/Essence Warden》を召喚していきます。

    そして、長島の手札が2枚にまで減ったところで北山の《呆然/Stupor》。これにより《神無き祭殿/Godless Shrine》と《無残な収穫/Grim Harvest》をディスカードさせます。

    手札が0になった長島に対して、更なる問題を叩き付けるべく《拷問台》と2体目の《タルモゴイフ》を配置。

    このまま放置することのできない《拷問台》を対処するには、《無残な収穫》によって《円盤の大魔術師》を戻して流すという、大掛かりなプランを成立させなければいけません。

    北山は4/5と一回り大きくなった《タルモゴイフ》×2でアタックし、1体を《オルゾフの司教》でチャンプブロック。《無残な収穫》を手札に戻します。(ライフは、《オルゾフの御曹子、テイサ》から出てくるスピリット・トークンで1点回復し、このターン15>11>12へと推移)

    北山は《拷問台》で締め上げるために、《髑髏の占い師/Augur of Skulls》を召喚。ターンエンドに長島は《無残な収穫/Grim Harvest》を対象《円盤の大魔術師》でキャスト。これを受けて、北山はメインに4枚搭載している《恐怖/Terror》を《本質の管理人》に対してプレイし、《無残な収穫》をリムーブさせます。

    このマッチアップにおいて《恐怖》は相当厳しく、長島は2枚目の《恐怖》が飛んでくることが分かってはいるものの、《円盤の大魔術師》と《根の壁》をプレイ。そして・・・

    北山、《恐怖/Terror》2枚目を《円盤の大魔術師/Magus of the Disk》に。

    北山、《恐怖/Terror》3枚目を《根の壁/Wall of Roots》に。

    そして、《タルモゴイフ》×2による攻撃が再開され、長島は《極楽鳥/Birds of Paradise》でチャンプブロックするしかなく、続くターン《樹上の村/Treetop Village》も追加した北山が最初の白星をあげました。

    北山 1-0 長島

    Game 2

    お互いキープを宣言したGame2。

    先手長島の2ターン目のドローは《闇の腹心/Dark Confidant》。

    しかし、黒マナが出る土地がないために、《サッフィー・エリクスドッター/Saffi Eriksdotter》を代わりに召喚します。

    後手の北山は、少し考えて《悔恨の泣き声/Cry of Contrition》をプレイ。(2枚目の《サッフィー・エリクスドッター》をディスカード)

    3ターン目、長島は《サッフィー・エリクスドッター》でアタックし北山のライフは18に。

    返すターン、北山は《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》をセットし、2枚目の《悔恨の泣き声》+《恐怖》対象《サッフィー・エリクスドッター》という憑依込みの併せ技で手札を攻め立てます。(《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》×2と《土地》をディスカード)

    そして、《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》が出たことによって、最後の手札となった《闇の腹心》に望みをかける長島。

    しかし、無常にも、北山は《拷問台/The Rack》&《化膿/Putrefy》でこの望みを一刀両断することとなり、更に追加されるのは《樹上の村/Treetop Village》と2枚目の《拷問台》。

    北山 2-0 長島

    Game 3

    長島 誠

    Game1、Game2と本来の動きを見せることができなかった長島。どうにか、ここは取り返したいところです。

    長島は《草むした墓/Overgrown Tomb》をアンタップインさせ、《極楽鳥/Birds of Paradise》をプレイし、2ターン目には2匹目の《極楽鳥》&《サッフィー・エリクスドッター/Saffi Eriksdotter》と展開。

    ここにきてようやく長島のデッキが息を吹き返し始めたようです。

    そして、3ターン目《サッフィー・エリクスドッター》でアタックした後、《本質の管理人/Essence Warden》と《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》と続けざまに展開していきます。

    北山も、これにはさすがに動揺を隠せない様子。

    2ターン目に召喚していた《髑髏の占い師》をブロッカーに回し、《悔恨の泣き声/Cry of Contrition》をプレイするのみでターンエンドを宣言。(北山《化膿/Putrefy》をディスカード)

    第4ターン目、《ロクソドンの教主》と《サッフィー・エリクスドッター》によるアタックで北山のライフは16に。

    対する北山は2枚目の《悔恨の泣き声》をプレイし、ここは我慢の時。

    更に、長島のドロー後に憑依させたおいた《ロクソドンの教主》に《化膿》をプレイし、手札を攻めていきます。

    これには、《サッフィー・エリクスドッター》の能力を使って《ロクソドンの教主》を場に残し、その後のディスカードは《無残な収穫/Grim Harvest》。

    北山に新たな問題が突き付けられます。

    そして、直後の長島のドローは《墓所の勇者/Crypt Champion》。

    北山 2-1 長島

    Game 4

    既に王手をかけている北山、無限ライフコンボを決められても、その表情に焦りは全く見られません。

    長島 「メインで取れてないのが、厳しい…」

    こう語る長島の初手は《墓所の勇者/Crypt Champion》《オルゾヴァの幽霊議員/Ghost Council of Orzhova》《土地》5枚と、決して良い手札とは言えないのですが、1回のマリガンが相当なディスアドバンテージとなるためこれをキープ。

    Day2が終わった段階でBest8メンバー全員に配られたデッキリストの内容を見て、既にサイドボードが判明しています。北山のサイドには、《化膿/Putrefy》《暗黒破/Darkblast》そして追加の《滅び/Damnation》など、どれを使われても厳しい状況がそこにあるわけなのです。

    長島の序盤のドローは《無残な収穫/Grim Harvest》《召喚の調べ/Chord of Calling》と期待が持てる繋がりを見せます。

    北山の方はというと、2ターン目に《髑髏の占い師/Augur of Skulls》を召喚。3ターン目のアップキープに《髑髏の占い師》の効果を使い、《樹上の村/Treetop Village》をクリーチャー化させアタックします。

    第4ターン目、北山は2枚目の《樹上の村》をセットし、再び《樹上の村》でアタックを続け、長島は《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》を召喚して、時間を稼

    北山はそれまで抱えていた手札から、《化膿/Putrefy》&《髑髏の占い師》2号機を召喚。

    このまま《樹上の村》に殴り続けられてしまうのでしょうか?

    また、長島の手札には、2枚目の《召喚の調べ》を引いているのですが、召集のためのクリーチャーがおらず、なかなか動き出しにくい様子。

    そんな、いかんともしがたい長島に、北山は《髑髏の占い師》2号機起動、加えて《呆然/Stupor》による追撃で、あっという間に手札は1枚となってしまいます。(ディスカードは《無残な収穫/Grim Harvest》&《神無き祭殿/Godless Shrine》と《森/Forest》&《召喚の調べ》)

    そして、再び起こった悪夢。
    長島にとって絶望的な《拷問台/The Rack》×2。

    北山は《樹上の村》によるアタックを続け、4枚目の《樹上の村》をセット。

    苦しい長島は、エンドに2枚目の《召喚の調べ》X=2で《闇の腹心/Dark Confidant》をサーチしてくるのですが・・・

    それすらをも《暗黒破/Darkblast》。

    北山 3-1 長島

    北山 雅也、決勝進出!



     
  • Sunday, Sept 2: 3:39 p.m. - 決勝 : 北山 雅也(神奈川)vs. 石川 錬(神奈川)
    by Naoki Shimizu


  • 握手ではじまった決勝戦

    3日間に渡って行われた2007年度日本選手権も、ついにその頂点を決める段に至った。
    そしてその席に着く二人は、気心の知れた二人。戦いの前に和気藹々と会話を始める。

    石川 「なんでそのデッキにしたの?」
    北山 「やめようと思ってて浅原さん(浅原晃/神奈川)に電話したんだけど電話にでなくてね」
    北山 「でもメタにあってた」

    なるほど、もし「浅原さんが電話に出ていた」ら、ここには違う人が座っていたかもしれない。

    そんな北山のデッキはゴイフラック。高橋 優太(東京)のピクルス、長島 誠(山梨)のプロジェクトXを次々と打ち倒してここまで上りつめた。これら2戦ともゴイフラックにとっては好マッチアップである。なるほど「メタにあっていた」という北山の発言にはうなずかされる。

    石川が操るは青赤ストームに《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》を足すことにより、青赤ストームにおける《危険な研究/Perilous Research》単発での弱さを克服するという森 勝洋(東京)謹製のデッキ。手札破壊の応酬に耐えるためには《孵化計画/Hatching Plans》とのコンボを欠かすことは出来ない。手札破壊をされる前にストームコンボを完成させるか、大量ドローで手札破壊を交わしてコンボを決めるのが石川の勝ち筋。だが勿論北山が黙っているはずはなく、ありとあらゆる手段でコンボを妨害する。このマッチアップも、やはりゴイフラックの北山が有利である。

    ダイスロールの結果、ピンゾロ対11で石川勝利。石川が先手を選択するが…

    石川 「でも先攻後攻ほとんど関係ないじゃんこれ!」

    こうした雰囲気はさながら草の根大会をも思わせる。だが、ここは日本王者を決める場。マリガンのチェックが終わると互いに勝負モードへ。北山の手札破壊が石川のコンボを封じこめるのか。それとも石川がそれをいなすことができるのか。

    Game 1

    Hatching Plans
    手札破壊に対する解答

    初手を一見、少し考えて石川はマリガン。絶対にマリガンしたくない相手とはいえ、土地6枚では始められない。セカンドハンドは《孵化計画/Hatching Plans》《危険な研究/Perilous Research》を初手に含むという良好な手札。6枚スタートとはいえ、これなら生半可な手札破壊はものともしないだろう。

    初手に《睡蓮の花/Lotus Bloom》はあるのだが、石川は1ターン目に《睡蓮の花》は待機せず、手札破壊に備える。

    「《小悪疫/Smallpox》は黒黒?」

    と確認して《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》のセットをするタイミングを考える。《樹上の村/Treetop Village》スタートの北山から《小悪疫》は来ないと判断しつつ、石川は2ターン目に《孵化計画》を設置しておく。北山の2ターン目は《闇の腹心/Dark Confidant》召喚というもの。ゴイフラックにとっては上々の滑り出し。これを放置してしまうとあっという間に手札が無くなることが分かっている石川は、勝ち手段である《ぶどう弾/Grapeshot》をここで《闇の腹心》へ。

    《闇の腹心》を除去されてしまった北山のドローはどうやら思わしくないようだ。手札破壊を進めたいところだが、《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を召喚して《樹上の村》をセットするに留まる。この隙に石川は《孵化計画》《危険な研究》とあわせて5枚ものカードをドローし、手札に3枚溜まった《睡蓮の花》を2枚待機、《ギックスのかぎ爪/Claws of Gix》を設置と動いて手札を7枚にしてターンを返した。

    4ターン目にして初めて北山は《悔恨の泣き声/Cry of Contrition》で手札を攻める。捨てられたのは《差し戻し/Remand》。《樹上の村》と《タルモゴイフ》であわせて7点のダメージを削り取る。

    しかし石川にとってダメージはほとんど損害ではない。手札さえ破壊されなければいずれ北山を焼き尽くすことが可能なのだ。20点のライフだろうが、1点のライフだろうが、残ってさえいれば問題ない。

    場に揃えられたクロックに対して完全に無視を貫く石川、さらなる《孵化計画》を《ギックスのかぎ爪》で生贄にしてカードを引く。

    だが、これだけの枚数のカードをもってしてもすぐにコンボを決めにいくことができない。
    次の北山の攻撃も先ほどと同様。放置しきれなくなってしまった石川は《ギックスのかぎ爪》《撤廃/Repeal》《炎の儀式/Rite of Flame》をからめてストームを稼ぎ、《巣穴からの総出/Empty the Warrens》で10体のトークンを生み出す。その数は予め用意したゴブリントークンカードが足りなくなるほど。石川は「ゴブリン足りねーっす」とトークンの追加を求める。

    これでかなりの時間ができた石川、《孵化計画》を手札に抱え、《睡蓮の花》の待機は2つとも残り1つ。次のターン、トドメを刺すことができるかもしれない。

    これまでほとんど土地しか引けていなかった北山は、ようやく《呆然/Stupor》をプレイする。そしてこのランダムディスカードで虎の子であった《孵化計画》が墓地へ。石川、まさに《呆然》。げんなりしながら、もう1枚のディスカードは《睡蓮の花》。

    だがゴブリンの群れの前に攻撃はできず、《タルモゴイフ》を追加するのみでターンを返す北山。このエンドに石川が《トロウケアの敷石》を生贄にし、とうとう《タルモゴイフ》は6/7のマックスサイズだ。

    《睡蓮の花》が待機明けし、石川はコンボを決めたいところだが《孵化計画》を失ったためパーツが揃っていない。とりあえず《悔恨の泣き声》が憑依した《タルモゴイフ》を《撤廃》するが、迂闊に攻撃に出ることができない。何しろ北山の場には《樹上の村》が2枚控えている。石川の計算では、一応全軍攻撃を繰り返して北山が何も持っていなければ勝利できる、というものだったが、《恐怖/Terror》を持たれていると逆に負けてしまう。石川はその可能性を考慮して攻撃をせずにターンを返した。

    北山はブロッカーとして《タルモゴイフ》を残して《樹上の村/Treetop Village》で攻撃する。トランプルを持っている《樹上の村/Treetop Village》はチャンプブロックによって対処されることはない。石川はインスタント除去を警戒して4体のゴブリンでブロックして1対3の交換をする。

    続くターン、《危険な研究/Perilous Research》でカードを引く石川だが有効牌を引くことが出来ない。数が減ってしまった以上攻撃も出来ず、ターンを返す。

    先ほどと状況が変わった北山、今度は《樹上の村》に加えて2体の《タルモゴイフ》もレッドゾーンへ。この戦闘によって最初は10体いたはずのゴブリンは2体に。
    石川はこの後もコンボに動くことが出来ず、そのまま北山の《タルモゴイフ》が石川を蹂躙した。

    石川はその後「ミスった」と悔しそうに語る。確かに《恐怖》があると負けてしまうが、《孵化計画》を失ってしまった以上コンボで勝てる可能性は低いのだから、《恐怖》のない可能性に賭けるのが正解だったのか。

    どちらの可能性が高いのか。マジックのトーナメントプレイヤーたちは、こうした2択を迫られたとき必ず悩み、長考する。自分の選択が果たして正解なのかどうかは神のみが知るところだ。だが、真に勝負強い者は正しい選択をすることができる。石川の選択は結果的に裏目に出てしまったが、石川はそれこそが「ミス」だと振り返ったのだった。

    ランダムディスカードで《孵化計画》落ちてラッキーだった、とは北山の弁。ほとんど土地しか引いていないのに「ラッキーだった」と言える北山には驚かざるを得ない。

    北山 1-0 石川

    Game 2

    北山 雅也

    先手の石川、土地が5枚だが初手には《ぶどう弾/Grapeshot》があり2ターン目の《闇の腹心/Dark Confidant》は対処可能とみてキープ。北山も初手をみつめて唸るも、これをキープする。

    北山は2ターン目に《拷問台/The Rack》、《ゴルガリの腐敗農場/Golgari Rot Farm》というイマイチなスタート。唸るのもうなずける。
    石川は3ターン目まで土地を置くのみで、北山の《髑髏の占い師/Augur of Skulls》を《差し戻し/Remand》する。

    だが特に有効牌を引けていない石川、《トレイリア西部/Tolaria West》を変成して《睡蓮の花/Lotus Bloom》を手にするのみ。
    北山の返しも芳しくない。《髑髏の占い師》のみで終わり。

    石川は続くターンに変異を場に送る。これに若干驚く北山は冷静に自分のメインで《化膿/Putrefy》を使って除去。石川のターン、ドロー後に《根絶/Extirpate》(対象は《差し戻し/Remand》)で石川の手札が公開される。その内容は《孵化計画/Hatching Plans》(このターンのドロー)《炎の儀式/Rite of Flame》《ギックスのかぎ爪/Claws of Gix》《ぶどう弾/Grapeshot》というなかなかのもの。更にライブラリの中には《差し戻し》は1枚しかなく、北山は「間違えたー」と漏らす。

    石川はその《孵化計画》と《ギックスのかぎ爪》よってドローの準備。北山は《闇の腹心》を召喚しつつターンを返す。石川は3枚のカードを引き、さらに自分のターンのドローをするが、ここで北山の再びの《根絶》(対象《孵化計画》)が突き刺さる。

    「引いちゃった…」と手札にある《孵化計画》を差し出す石川、

    「きちぃ、ワンチャンスあんのかなこれ…」とついに弱音。

    仕方なく《ギックスのかぎ爪》を《撤廃》してドローすると《ぶどう弾》。これで《闇の腹心》を除去してなんとか踏みとどまる。だが北山の攻めは衰えず、《闇の腹心》と《タルモゴイフ》(4/5)が追加される。

    石川は《睡蓮の花》を使いながらも《ヴェズーヴァの多相の戦士/Vesuvan Shapeshifter》を変異⇒表で《闇の腹心/Dark Confidant》とし、《ぶどう弾》で《闇の腹心》を除去する。ここでアーティファクトが墓地におかれて《タルモゴイフ/Tarmogoyf》は5/6に。
    北山は《タルモゴイフ》での攻撃後、それごと《滅び/Damnation》で《ヴェズーヴァの多相の戦士》を除去する。あくまでもカードを引かせない。

    石川はもはや何もすることができない。北山の《獣群の呼び声/Call of the Herd》連打に対しても《撤廃/Repeal》で時間を稼ぐが解決策は見当たらない。

    ラストターン、《ギックスのかぎ爪》によるライフゲインでまだ粘ることができると見て投了を控えた石川だったが…出したつもりの《ギックスのかぎ爪》は手札の中にあったのだった。

    思わず、
    「だめだこりゃ、なーんだこりゃ」

    北山 2-0 石川

    Game 3

    石川 錬

    もう後がない石川、オープニングハンドを一瞥してキープ。《孵化計画/Hatching Plans》と《危険な研究/Perilous Research》が揃っているのだから当然か。北山は少し考えてキープを宣言。

    2ターン目、北山は《髑髏の占い師/Augur of Skulls》。3ターン目には起動せず《悔恨の泣き声/Cry of Contrition》で手札を攻めるが石川は《孵化計画》《危険な研究》で5枚のカードを引き、余裕綽々である。続くターン、更に《孵化計画》を設置し、《髑髏の占い師》と《悔恨の泣き声》の憑依誘発のあわせ技も5枚ドローの余裕でいなす。5枚ドローして3枚捨てるといえば、《よりよい品物/Greater Good》で《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》を生贄に、というのを連想してしまうのは筆者だけではないだろう。ともかく、北山の手札破壊はほとんど効果がないに等しい。

    こんだけ引けば流石に決まるでしょ、というわけで続くターンには《ギックスのかぎ爪/Claws of Gix》2枚、《撤廃/Repeal》、《ギックスのかぎ爪/Claws of Gix》、《炎の儀式/Rite of Flame》、《紅蓮術士の刈り痕/Pyromancer's Swath》の後《ぶどう弾/Grapeshot》を北山へ。21点ダメージにより、石川が反撃の狼煙をあげた。

    石川、果たして逆転は成るか。

    北山 2-1 石川

    Game 4

    このゲームで初めて北山が先攻を取る。両者マリガンはなくスタート。
    土地ゴーに対して、石川は《睡蓮の花》をダブルで待機。

    《神聖なる泉》をセットしてターンを返すと北山は2ターン目に《闇の腹心》。石川は次のターンに《ぶどう弾》をトップデッキ、即《闇の腹心》を焼く。

    少し苦しくなった北山、《タルモゴイフ》を召喚するものの土地止まってしまう。
    石川も土地を置かずにターンを返す。といっても事故っているわけではなく、《トレイリア西部》を変成するために取っておいただけである。 北山はなんとか《樹上の村》を引き込みセット。だがタップインなところが不満そうだ。《拷問台》をとりあえず置く。

    そして2つの《睡蓮の花》の待機が両方明ける。そのうちの1つを使用しつつ《ギックスのかぎ爪》、《撤廃》、《ギックスのかぎ爪》、《孵化計画》、《炎の儀式》、《巣穴からの総出》で大量のゴブリンが。その数16体。

    北山に緊張が走る。先ほど2ターン目に撃たれた《ぶどう弾》を《根絶/Extirpate》すると北山は祈りをこめるようにドローをする。
    そして引いた! 土地!

    プレイされる《滅び》。

    これには石川もつらそうな表情を隠せない。何しろ手札に《差し戻し》はない。

    場にあるのは《睡蓮の花》の3マナと《孵化計画》、《ギックスのかぎ爪》のみ。頭を抱える石川は先ほどの北山と同様、祈りをこめて《孵化計画》を墓地に置き、3枚のカードをドローする。

    そして石川はやってのけた。《差し戻し》を引いたのだ。
    なんという勝負強さだろうか。当然それをプレイ、返しでゴブリン全軍攻撃。
    しかし、この石川の勝負強さをもってしても2枚目の《差し戻し》は得られない。場には4マナしかなく、《トレイリア西部》を変成して《否定の契約》をサーチするもそれをプレイすることはできない。
    「足りねーよマナ…」と悔しそうな石川。 

    《滅び》が今度こそ炸裂。16体のゴブリンが一瞬で塵となる。
    ここで石川は《孵化計画》をトップデッキ。当然3枚引き、さらに《危険な研究》で《トロウケアの敷石》を生贄にしてドローを進める。その間にも北山は2枚の《樹上の村》で攻撃を続ける。

    唸る石川。

    石川 「神降臨しろ…」

    ドロー。

    Extirpate
    とどめの一撃

    北山 「引いたっぽいかおしたね」
    石川 「いや、引いてない…」
    石川 「あー…ワンチャンスあんのかな…ちょーっと考えさせて…。」

    だが考えても解答はなかった。
    続くターン、北山は《樹上の村》1体のみをレッドゾーンに送る。
    そしてそのままターンを終える。

    この宣言が意味するものはただ一つ。石川がドロー、そして北山の手を見て凍りつく

    目の前にかざされる《根絶》。

    石川の必死の抵抗もこれまでだった。

    北山 3-1 石川

    激しい手札破壊の応酬となるかと思われた決勝戦だったが、意外にも《拷問台/The Rack》は1点のダメージも与えなかった。石川は最後まで手札破壊を意識したプレイングをし、常に最善の策を求めて行動した。その姿勢が《差し戻し/Remand》トップデッキを呼び込んだのかもしれない。だが北山はそんな石川の更に上を行った。《根絶/Extirpate》をかざすその姿こそ、まさに日本チャンピオンに相応しい。

    おめでとう! 北山 雅也!

    Masaya Kitayama is the Champion of Japan Nationals 2007 !


    日本王者、北山 雅也!


     
  • Sunday, Sept 2: 4:20 p.m. - Feature : 2007年度日本代表チーム
    by Daisuke Kawasaki


  • ■北山 雅也(神奈川)/日本王者

    「本当に僕が優勝しちゃってよかったんですかね?」

    もし、これが夢だといわれても信じられますよ、とチャンピオンは続けた。

    北山の印象を一言で表現するなら、「謙虚」の二文字につきるだろう。謙虚に鍛錬を積み続け培われた実力が、ついに報われたというだけの話であり、北山の優勝に異論があるプレイヤーはいないだろう。

    だが、北山は、決して自分だけの力で優勝したとは思っていない。

    「面と向かってだと照れくさくていえませんけどね」といいながら北山は語った。

    中島 主税(神奈川)の家に通いつめては、八十岡 翔太(神奈川)や中島、津村 健志(広島)とデュエルをやってはプレイミスを指摘してもらい、家でMOをやっては、大澤 拓也(神奈川)や大塚 高太郎(神奈川)笹川 知秀(栃木)小倉 陵(愛知)たちにピックミスを指摘してもらう。ここに名前があがったプレイヤーに限らず多くのプレイヤーに助けられたと。その生活があったから今があるのだと。

    「みんなには感謝しています。ありがとう。」

    ■石川 錬(神奈川)

    「ニューIRを見せてやる」

    思うところあって、ダイエットを決行し、ついでにとメガネをコンタクトにかえたIRこと、石川 錬。会場で何人もに「別人のようだ」といわれ続けたが、今回の別人のような快進撃には自身が一番驚いているという。

    「デッキのポテンシャルが高すぎましたね。7割ぐらいの実力しか引き出せなかったのに。」

    森 勝洋(東京)からシェアされたデック、これこそが今回の勝因だったと石川は語る。Magic Online上では比較的メジャーなデックタイプであった赤青ストーム。しかし、逆にMagic Onlineにあまり触れることのないプレイヤーには馴染みの薄いデックタイプだったのが大きかったかもしれないと石川は語る。

    Magic  Onlineをやりつめて調整していたという石川。世界選手権に向けてもこんな風に語っている。

    「レガシーだけは不安ですね…Magic  Onlineで調整できませんから…」

    ■秋山 貴志(千葉)

    「スタンダードは勝てると思っていましたね。」

    「アクア」こと秋山のこの発言は決して傲慢や欺瞞の類ではない。それだけの練習を積んだという自信の表れなのだ。

    千葉予選を抜けてから今日まで、三田村 和弥(千葉)をはじめとする千葉勢の面々と、過去にプロツアーに参加した時以上の練習を積んだという。

    「目標とするプレイヤーですか?今は三田村さんですね。」

    一番身近に、一番目標とするプレイヤーがいる。「師匠ですよ、ほとんど」と語る秋山。三田村と、世界選手権に向けての予定を語りながら、抱負を語ってくれた。

    「正直レガシーは自信ないですけど…練習しますよ、とにかく。」

    ■長島 誠(山梨)

    「今年の目標は、プレミアイベントに一回でも出ることだったんです」

    昨年は、一度もプレミアイベントに出られなかった長島。今年はせめて一回でもと参加した日本選手権。社会人として、多忙な毎日を送る長島は日常でマジックをプレイすることはほとんどできないという。

    「とにかく、情報を集めて。週末は草の根トーナメントを見学しにいって、やっぱり情報集めて」

    今回も、デックをシェアしてもらったユン・スハン(東京)にサイドボードをはじめとする疑問点を片っ端から質問し、とにかく情報を集めたという。

    「マジックは情報戦なので、情報さえ集めておけば、忙しい社会人でも勝負にはなるんですよ」

    社会人プレイヤーへのアドバイスを、という質問に対して長島はこう答え、そして続けた。

    「でも、最後は、運かもしれませんね」



     
  • Sunday, Sept 2: 5:35 p.m. - Photo Essay : 会場写真
    by Staff


  • カバレッジにかかれるような対戦ばかりが日本選手権じゃない!
    というわけで、フォトカバレッジとして会場風景をお届けしちゃいましょう。

    '07日本選手権を陰で支えるジャッジチーム。


    Wizards of the Coast社組織化プレイ部日本マネージャーのRon Foster氏のはからいにより、今大会のサイドイベントではファットパックが大盤振る舞いされました。


    もはやプレミアイベントではおなじみとなった大久保 誠志朗氏による3Dアート。


    この立体感は写真ではなかなか伝わりにくいもの。

    今後も日本国内のプレミアイベントには積極的に参加していただけるとの事なので、ぜひとも会場で実物をその目で確認していただきたい。


    自身の生み出したキャラクターである《アクローマ》と《ミリー》にはさまれてご満悦のDaren Bader氏。

    ちなみに、この写真チョイスは、氏からの希望で。


    ちなみに、サインした枚数は《神秘の蛇/Mystic Snake》と《糾弾/Condemn》がトップだったとの事。

    やはり、みなさん、使用頻度が高いカードにサインほしいですよね。


    渡辺 「PWCで俺の名前を時代に告げるぜ!」
    津村 「PoYも大好きPWC!」


    もはやおなじみの胴上げ。その後に…


    「チャンピオンを名乗るなら、俺を倒してからにしろ」と華麗なる天才。

    ちなみに、気になる結果のほうは…

    北山 「2連敗からの3連勝で返り討ちにしてやりましたよ」

    • Planeswalker Points
    • Facebook Twitter
    • Gatherer: The Magic Card Database
    • Forums: Connect with the Magic Community
    • Magic Locator