column

トップ8プロフィール

  • Print
Author Image
Ryan Cimera

ライアン・シメラ(Ryan Cimera)

年齢:16

出身地:コロラドスプリングス

職業:学生

プロツアー参加回数:初参加です。

フィラデルフィアの権利を取ったのは? GPシアトルのトップ8

GP/PTでのトップ8回数:2回

それ以外の実績:フライデーナイト・マジックで優勝

このプロツアーでの成績:
1日目:6-0
2日目:4-2

デッキ選択とその理由は? そのデッキに決めるまでは? 僕はシールドにカード20枚とサイドボードを足してたんだけど、黒緑に最初きつくて、結局デッキリストを探しに行ったんだ。

デッキテストの方法は? デッキデザイナーは? 初期バージョンはMTGOのNicotine Jonesのだったね。8人トーナメントで何回か遊んできたよ。

この12ラウンドで一番びっくりしたことは? カイ・ブッダ(Kai Budde)が事故ったこと。

トップ8での可能性は? 今週はこの手の《けちな贈り物/Gifts Ungiven》デッキをずっと叩いてきたからね。相手のは除去とか《春の鼓動/Heartbeat of Spring》や明神が少なめだから、いけると思うよ。

プロツアー・プレイヤーズクラブをどう思う? 現在のレベルは? すごくいいし、僕もおこぼれに預かれそうだね。

好きな映画は? アクション系のやつ。


Mark Herberholz

マーク・ハーバーホルツ(Mark Herberholz)

年齢:21

出身地:ミシガン州イーストランシング

職業:学生でプロプレイヤー

プロツアー参加回数:たぶん12回かな?

フィラデルフィアの権利を取ったのは? グレイヴィで。

GP/PTでのトップ8回数:PTが1回(今回の前まで)、GPが1回。

このプロツアーでの成績:
1日目:5-1
2日目:4-2

デッキ選択とその理由は? そのデッキに決めるまでは? 黒緑白青連繋。最強デッキだと思うから。テストの最初から連繋デッキを試してるけど、最終的にこのリストに決めたのは木曜の夜だった。

デッキテストの方法は? デッキデザイナーは? ロジャー・マーテン(Rogier Maaten)とゲイブ・ウォールズ(Gabe Walls)が構築と調整をやってたけど、一番影響を受けたのは《最後の裁き/Final Judgment》を入れたことだね。

この12ラウンドで一番びっくりしたことは? ゲイブ・ウォールズの腹。

トップ8での可能性は? いけると思うよ。デッキはすごく気に入ってるしね。

プロツアー・プレイヤーズクラブをどう思う? 現在のレベルは? イケてるけど、アトランタみたいに昼飯を出してくれるんならもっとすごいね。今はレベル3だけど、ここを勝てばレベル4になるよ。

好きな映画は? ロビン・フッド


Andre Mueller

アンドレ・ミューラー(Andre Mueller)

年齢:25

出身地:エッセン(ドイツ)

職業:大学の学生

プロツアー参加回数:8

フィラデルフィアの権利を取ったのは? ドイツのPTQを抜けて

GP/PTでのトップ8回数:GP1回、チーム戦のGPのトップ6が1回

それ以外の実績:PTニューオリンズで20位

このプロツアーでの成績:
1日目:6-0
2日目:3-3

デッキ選択とその理由は? そのデッキに決めるまでは? 4色コントロール。最初使う予定だったデッキでぜんぜん勝てなくて、木曜の夜の最後の最後に変更したんだ。

デッキテストの方法は? デッキデザイナーは? ハラルド・シュタイン(Harald Stein)がMagic Onlineのプレミアイベント用に組んだやつ。プロツアーまでは使ったことは全然無かった。この12マッチが経験の全部だね。

この12ラウンドで一番びっくりしたことは? 日本人とやったときに、1ゲーム目で彼は《風見明神/Myojin of Seeing Winds》から12枚カードを引いて、僕はその対戦に負けた。2ゲーム目で、そいつを《頭蓋の摘出/Cranial Extraction》してやろうとしたら、それも《春の鼓動/Heartbeat of Spring》もサイドに抜けてて、全部軽いレジェンドに変わってたのさ!

トップ8での可能性は? 準々決勝はちょっとだけ有利だと思う。準決勝はどっちが抜けてもこっちがいいだろうね。そこから先は、見てのお楽しみだね。

プロツアー・プレイヤーズクラブをどう思う? 現在のレベルは? 現在はレベル3。でも今回優勝したらレベルが上がるよ。僕みたいなプレイヤーだと得点は嬉しいけど、トッププレイヤーは年末の支払いのほうがいいだろうね。

好きな映画は? メメント


Jeff Novekoff

ジェフ・ノヴェコフ(Jeff Novekoff)I

年齢:20

出身地:イリノイ州インヴァーネス

職業:無職

プロツアー参加回数:0

フィラデルフィアの権利を取ったのは? GPボストン11位

GP/PTでのトップ8回数:0

それ以外の実績:イリノイ州選手権チャンピオン!

このプロツアーでの成績:
1日目:4-2
2日目:6-0

デッキ選択とその理由は? そのデッキに決めるまでは? 黒入り蛇。《けちな贈り物/Gifts Ungiven》デッキや白ウィニーと戦えるから。友達のデッキをコピーしたんだ。プロツアーまでは使ったことも無かったよ。

デッキテストの方法は? デッキデザイナーは? ラファル・アレンド(Rafal Arendt)のデッキをコピーしたやつ。忙しすぎて試してなかったけどね。

この12ラウンドで一番びっくりしたことは? 僕が勝ったこと。

トップ8での可能性は? 悪くないよ。どっちが《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》とか《木霊の手の内/Kodama's Reach》を引けるかにかかってるね。

プロツアー・プレイヤーズクラブをどう思う? 現在のレベルは? レベル2。気に入ってるけど、食べ物は切らさないで欲しいな。


Olivier Ruel

オリヴィエ・ルーエル(Olivier Ruel)

年齢:23

出身地:リール(フランス)

職業:レベル6魔法使い

プロツアー参加回数:30

フィラデルフィアの権利を取ったのは? プロポイント

GP/PTでのトップ8回数:GP11回、PT4回

それ以外の実績:第8版プレリリースチャンピオン

このプロツアーでの成績:
1日目:5-1
2日目:5-0-1

デッキ選択とその理由は? そのデッキに決めるまでは? 《星の揺らぎ/Sway of the Stars》/《春の鼓動/Heartbeat of Spring》デッキ。あまりテストしてはいなかったけど、《風見明神/Myojin of Seeing Winds》を使いたかったんで、それようのデッキを組んだのさ。

デッキテストの方法は? デッキデザイナーは? そんなに多くはテストしてない。好きなカードをデッキに突っ込んで見ただけだね。デッキ構築(特にサイドボード)は兄貴に手伝ってもらったし、あとは阿南剛に影響を受けたかな。

この12ラウンドで一番びっくりしたことは? 阿南剛がラストチャンス予選を抜けられなかったこと。

トップ8での可能性は? すごくいいよ。最高のプレイングをしたわけじゃなかったけど、デッキが素晴らしかったから。

プロツアー・プレイヤーズクラブをどう思う? 現在のレベルは? 発表のときから気に入ったよ。今はレベル6さ。最高だね。

好きな映画は? バトルフィールド・アースかロッキー4か、スティーブン・セガールの映画か、まあいい勝負だね。


Gadiel Szleifer

ガディエル・スライファー(Gadiel Szleifer)

年齢:先週で16になったところ。

出身地:イリノイ州ホームウッド

職業:学生

プロツアー参加回数:7回目

フィラデルフィアの権利を取ったのは? プロポイント

GP/PTでのトップ8回数:GPシカゴとPTコロンバス

それ以外の実績:特になし

このプロツアーでの成績:
1日目:5-1
2日目:5-1

デッキ選択とその理由は? そのデッキに決めるまでは? 《けちな贈り物/Gifts Ungiven》デッキ。最強デッキだから。ぜんぜん迷わなかったね。

デッキテストの方法は? デッキデザイナーは? メーリングリストで見つけて組んでみてからは、1週間ずっとプレイし続けてたよ。

トップ8での可能性は? 健志と当たらなきゃいいんだけどねぇ。

プロツアー・プレイヤーズクラブをどう思う? 現在のレベルは? すっごいね。今は4だけど、トップ4に入ったら5になるよ。

好きな映画は? まあ何本か。


Kenji Tsumura

津村健志

年齢:18

出身地:広島

職業:プロ

プロツアー参加回数:10

フィラデルフィアの権利を取ったのは? ぷろぽいんと

GP/PTでのトップ8回数:GP大阪トップ4、PTアトランタトップ4

それ以外の実績:2004年日本選手権準優勝

このプロツアーでの成績:
1日目:4-2
2日目:6-0

デッキ選択とその理由は? そのデッキに決めるまでは? 《春の鼓動/Heartbeat of Spring》デッキ。石田格さんとデッキ使ってたから。2週間ぐらい。

デッキテストの方法は? デッキデザイナーは? 東京の仲間と回してた。石田格さん。

この12ラウンドで一番びっくりしたことは? 12ラウンドでまだ9人残ってて、ゲームやらなくちゃいけない事態になったこと。

トップ8での可能性は? ミスしなきゃいけるでしょう。

プロツアー・プレイヤーズクラブをどう思う? 現在のレベルは? すごく×2いいですね。今はレベル4だけど、トップ4に入ればレベル5になりますね。

好きな映画は? 宮崎アニメ


Steven Wolfman

スティーブン・ウルフマン(Steven Wolfman)

年齢:25

出身地:トロント

職業:コンピューター・エンジニア――仕事募集中

プロツアー参加回数:10回ぐらい。

フィラデルフィアの権利を取ったのは? PTQ

GP/PTでのトップ8回数:1

それ以外の実績:2020年のチーム戦のPT/マスターズ準優勝

このプロツアーでの成績:
1日目:5-1
2日目:6-0

デッキ選択とその理由は? そのデッキに決めるまでは? 緑白青。ほとんど全部のデッキと戦えるから。

デッキテストの方法は? デッキデザイナーは? リチャード・ホーエン(Richard Hoaen)のデザイン。ホーエンと個人的にプレイしてたのと。あとはApprenticeで。

この12ラウンドで一番びっくりしたことは? 最後の何ラウンドかでの立て続けのドロー。

トップ8での可能性は? 厳しい戦いになるだろうけど、勝つチャンスはあるね。

プロツアー・プレイヤーズクラブをどう思う? 現在のレベルは? いいと思うけど、ここに来るまではゼロポイントだったよ。

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator