準決勝: 高橋優太・山本賢太郎 vs Chris Lachmann・Jacob van Lunen

  • Boards
  • Print
Author Image

ライフ30のリミテッド・フォーマットで樽元気(神奈川)・金子真実(東京)ペアを4ターンキルしてみせたのはChris Lachmann(クリス・ラクマン)(アメリカ)、Jacob van Lunen(ジェイコブ ベン ルニン)だ。その方法は至って単純だ。3体の《悪性スリヴァー/Virulent Sliver(FUT)》に《陰影スリヴァー/Shadow Sliver(TSP)》によってシャドーを持たせ、10個の毒カウンターを溜めさせたのである。これには樽・金子ペアのキノコデッキも為すすべが無い。

Lachmann、van Lunenペアはこのプロツアーサンディエゴのドラフトをこうしたスリヴァー戦略で勝ちあがってきた。「アドバンテージ環境」と言われた中でただひたすら安いスリヴァーたちをかき集め、双頭巨人戦におけるスリヴァーのパワーを最大限に発揮させたのだ。スリヴァーに関してはもはや彼らの右に出るものはないだろう。

一方高橋優太(東京)山本健太郎(埼玉)のデッキはLachmann、van Lunenのデッキとは対極的に、オーソドックスなアドバンテージ重視型のデッキである。ドラフトレポートでも言及したが序盤さえ凌ぐことができれば勝てる、という形だ。《流動石の抱擁/Flowstone Embrace(FUT)》などの軽い除去やスリヴァーデッキのコンセプトを崩壊させる《乱暴/Rough+転落/Tumble(PLC)》を初手にキープしたい。

シナジー重視か、アドバンテージか。果たしてプロツアーサンディエゴの栄冠はどちらの双頭巨人に輝くか。

Game1
両チーム全員が7枚の初手をキープ。だが高橋の手札には前述したような除去呪文がない。そして先手のLachmann, van Lunenペアが繰り出した行動がこれだ。

《島/Island(TSP)》から《奇声スリヴァー/Screeching Sliver(TSP)》。

通常はこのようなカードはデッキに入らない。だがLachmann, van Lunenペアにとってスリヴァーはどれもこれも初手級の強さなのだ。これは《深夜の魔除け/Midnight Charm(PLC)》で退場するが続いて《筋力スリヴァー/Sinew Sliver(PLC)》《双頭スリヴァー/Two-Headed Sliver(TSP)》が召喚される。これらに対して高橋・山本ペアは除去呪文を唱えることが出来ない。Lachmann, van Lunenペアは更に《双頭スリヴァー/Two-Headed Sliver(TSP)》をして攻撃を続けるが土地が止まってしまう。《サーシの騎士/Knight of Sursi(FUT)》を待機してこれを好機にスリヴァーを捌きに入りたいところだが《覆われた奇異/Veiling Oddity(PLC)》《厚皮のゴブリン/Thick-Skinned Goblin(TSP)》で迎え撃つことくらいしかできない。《精油スリヴァー/Essence Sliver(TSB)》を追加され、更に《厚皮のゴブリン/Thick-Skinned Goblin(TSP)》も除去されてしまう。
Lachmann, van Lunenペアの攻撃はやまず、《誘導スリヴァー/Homing Sliver(FUT)》も場に送られる。

高橋は1ターン土地が止まるものの《連合の秘宝/Coalition Relic(FUT)》で回復し、《覆われた奇異/Veiling Oddity(PLC)》に《新緑の抱擁/Verdant Embrace(TSP)》をエンチャントすることにより打開を図る。そして6ターン目、《サーシの騎士/Knight of Sursi(FUT)》の待機が明け、これ以上クロックを作られるわけにはいかない山本はこれを《取り消し/Cancel(TSP)》するが、《太陽の槍/Sunlance(PLC)》で苗木トークンが除去され、さらに追加された《断骨スリヴァー/Bonesplitter Sliver(TSP)》によってパワーアップした5体のスリヴァーたちが、高橋・山本をダイレクトに襲い掛かる。状況から右手を差し出そうとした山本に対し、なんとかならないか、実は助かっていたりしないのか、と制止する高橋だったが、やはりどうすることもできず、二人は右手を差し出したのだった。


高橋優太・山本賢太郎 0-1 Chris Lachmann・Jacob van Lunen

高橋は試合の後こう語る。

「実はあれがソリューション?」
「俺達が喜んで《消えない賛歌/Haunting Hymn(TSP)》を取っていたとき、あいつらはニヤニヤしながらスリヴァーを取っていたんだ」
「もう一回ドラフトしたいんだけど」

そう、こうしてみればまさにLachmann,ven Lunenたちの作戦勝ち。もう一度ドラフトしたいという高橋の台詞もうなずける。
それにしてもこれほどまでにスリヴァーが強かった瞬間は見たことが無い。Lachmann, van Lunen達こそが世界一のスリヴァー・マスター、そしてプロツアーサンディエゴ・チャンピオンだ!

おめでとう、Chris Lachmann, Jacob van Lunen!


  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator