Japanese Language Sideboard
Archives Table of Contents Event Coverage Question Mark Facts Book Fantasy Pro Tour Links

能西 圭一郎 VS 阿南 剛

藤枝 勇

ベテランデュエリスト能西 圭一郎と関西若手の急成長株阿南 剛との世代対決。
まさか日本選手権 Best 8 がかかった試合で対決になろうとは運命的なものを感じる。
若手がベテランに下克上を叩きつけ勝つのか、それともベテランがあっさり切り捨てるのか大変見ものである。

Game 1

いくら能西が数々の修羅場を切り抜けたベテランだとしても、日本選手権 Best 8 ボーダーと言うのは大変なプレッシャーなのだろう。
能西初手は土地1枚だが他のデッキの主力パーツが揃っており土地"さえ"引けば勝てると確信したのだろう。
能西は勝負を開始したが・・・能西は 4 ターン目まで土地を引けずその間に展開された 《 Opposition 》 《 Spiketail Hatchling 》 《 Rishadan Port 》 で完全にロックされてしまいそのまま敗れた。

能西 0-1 阿南

Game 2

Sideboard は阿南、能西共にロック要素である 《 Opposition 》 《 Static Orb 》 を抜きカウンター要素である 《 Daze 》 《 Counterspell 》 を増やした。

1 ターン目に出たクリーチャーがデュエル終了までアタックし続けている場合大抵は勝つ場合が多い。
なぜなら相手にブロックを許さずこちらは小さいながらも確実にダメージを与えているのだから・・・。
2 Game はまさにそんな感じであった。
阿南は 1 ターン目にキャストされた 《 Merfolk of the Peal Trident 》 が開始から終了まで常にアタックをしていた。
能西も何もしなかったわけではないが、豊富なカウンターと能西の引きの悪さもありほぼ何も出来ないまま 最後に 1 枚だけあった 《 Opposition 》 がカウンターされ能西は投了することとなった。

能西 0-2 阿南

Winner : 阿南 剛



© 1995-2003 Wizards of the Coast, Inc., a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.
Wizards is headquartered in Renton, Washington, PO Box 707, Renton, WA 98057.

PRIVACY STATEMENT