Japanese Language Sideboard
Archives Table of Contents Event Coverage Question Mark Facts Book Fantasy Pro Tour Links

藤田憲一 VS 小野田倫久

森慶太


小野田倫久
ともに日本代表経験者同士の対決となったこの一戦。
二人ともマッチングされた段階でフューチャーされることを予測していたようだった。
藤田が青白黒、小野田が赤黒で、相性的には藤田がつらそうだという話である。

Game 1

先手藤田が Obsidian Acolyte 、後手小野田が Thunderscape Familiar という立ち上がり。
藤田は早仕掛けで 3 ターン目にフィニッシャー候補である Silver Drake を召喚するも、これは Terminate でもって呆気なく除去されてしまい、逆に、小野田が 2 体の Volcano ImpKavu Monarch とでもって攻勢にうって出ることとなった。
一転して守勢に立たされた藤田も、Stormscape ApprenticeSparring GolemRecover で回収した Silver Drake などで対抗し、第 7 ターンの段階でのライフレースは 15 対 14 と拮抗していたのだった。

だったのだが。
そこからの引きっぷりは明らかに小野田に傾いていた。
手始めに、小野田は Singe でもって Acolyte を除去。その上で、 Plague Spores でもって藤田の戦線を支える Silver Drake と一枚っきりの Swamp を破壊することに成功した。ジリジリと藤田を追い詰めだした小野田は、ついに Slingshot Goblin いう強烈な対青カードを引き当て、その上でさらなるアタッカーである Trench WurmUrborg Emissary までを一気に場に展開した。

「時間の無駄だな、こりゃ」と一言。
藤田はあっさりと投了を認めた。

小野田 1-0

Game 2

先手藤田が 2 ターン目に Obsidian Acolyte を召喚する・・・という一戦目を彷彿とさせる立ち上がりではあったのだが、そこから先の展開はまるで異なるものだった。

小野田が展開できたのは Kavu Monarch、Kavu AggressorViashino Grappler というたった 3 枚のパーマネントだけで、対する藤田は 7 ターン目までに手札を全て使い切って脅威を展開できたのだ。具体的には Aurora GriffinDromar's AttendantTidal VisionaryPrison BarricadeFaerie Squadron といったカードが 7 ターンまでに一気に召喚されたのだ。

小野田「土地しかひかないや」

1-1 藤田

Game 3


藤田憲一
一方的な事故。
ほかに何か書き残すべきトピックはあっただろうか?

先手を選択した小野田は、ワンマリガンを選択し、マリガン後にもたった一枚しかランドに恵まれなかった。2 ターン目に小野田が土地を置けずにエンド宣言するや、藤田は一言「ノってきた!」

マナ事故に苛まれた小野田を尻目に、Stormscape Apprentice 、Benalish Trapper、Sparring Golem 、Aurora Griffin 、Silver Drake といったカードを一方的に展開し、藤田はわずか 3 分足らずでゲームを終わらせたのだった。

小野田「ハメられた(苦笑)」

2-1 藤田

まあ、こんなこともよくある。



© 1995-2003 Wizards of the Coast, Inc., a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.
Wizards is headquartered in Renton, Washington, PO Box 707, Renton, WA 98057.

PRIVACY STATEMENT