Japanese Language Sideboard
Archives Table of Contents Event Coverage Question Mark Facts Book Fantasy Pro Tour Links

森 雅也 VS 松尾 悟郎

大橋 竜治

事実上の決勝、黒田戦を完璧なプレイングで下した森と「森雅也なんて知らない」と言い切る松尾の対戦。

Game 1

後手、松尾の《ラノワールのエルフ》を《暴行/殴打》で除去した森、《強迫》で《ヤヴィマヤの火》を落とす。しかしその時、確認した《煽動するものリース》のために手札の《終止》を保持しなければならなかった。松尾はその後《ヤヴィマヤの蛮族》を召喚し、ビートダウンを始める。森は《疫病吐き》で抵抗を試みるものの《火炎舌のカヴー》により除去されてしまう。森は有効なカードを引くことが出来ず、土地だらけの状態のまま1本目を落とす。

Game 2

松尾はマリガンスタート。6枚の手札土地だらけのやや苦しい展開。しかしこれが勝負のアヤとなる。序盤《ラノワールのエルフ》を《終止》で除去し、《火葬のゾンビ》を展開する森。これを《火炎舌のカヴー》で除去された次のターン。森は《暴行/殴打》を2匹目の《ラノワールのエルフ》に打つか、《火炎舌のカヴー》に打つかの2択に迫られる。森は数秒考えた後に、《ラノワールのエルフ》を除去する。森はサイドインした《もつれ》で時間を稼ぎ、ペースを保とうとするものの、土地を巧く展開できず、松尾の《リシャーダの港》を前に動きを制限される。
松尾が《ブラストダーム》を召喚し、ゲームを決めに掛かる。しかしこれが森の最大のチャンスになる。松尾の《リシャーダの港》が動かないこのターン、森が土地さえ引けば手札の《虚空》をキャストすることができる。
《虚空》により《ブラストダーム》《火炎舌のカヴー》を一気に葬り去ればペースは完全に森のものとなる。
しかしそこに土地は無く、森の敗北が決まった。

森 2-0 松尾



© 1995-2003 Wizards of the Coast, Inc., a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.
Wizards is headquartered in Renton, Washington, PO Box 707, Renton, WA 98057.

PRIVACY STATEMENT